平成9417日目

2014/10/20

【小渕優子経済産業相・松島みどり法相】辞任

小渕優子経済産業相(40)(衆院群馬2区)と松島みどり法相(58)(同東京14区)は20日、閣僚を辞任した。小渕氏は関連する政治団体で不透明な資金処理があった問題、松島氏は地元選挙区で「うちわ」を配布した問題の責任を取ったものだ。

2012年12月に第2次安倍内閣が発足して以来、閣僚が途中で辞任するのは初めて。安倍首相は20日中に後任を選ぶ方針だが、政権の看板である女性閣僚2人の辞任は、安倍政権にとって大きな打撃になる。《読売新聞》




【安倍晋三首相】2閣僚辞任「任命責任は私にある」

安倍晋三首相は20日午後、官邸で記者団に対し、小渕優子前経済産業相と松島みどり前法相の辞任について「任命責任は私にある」と述べた。首相の発言の詳細は以下の通り。

–小渕、松島両氏の辞任について受け止めと任命責任について

「先程、小渕経済産業相と松島法相から辞表が提出されました。自らの問題によって、政治に、行政に遅滞をもたらすことは許されない。よって、辞任したいと。経済再生、女性が輝く時代をつくっていく上において貢献できずに、大変申し訳なかったという話がありました。私は2人の意志を尊重して辞表を受理いたしました」

「2人を任命したのは私であり、任命責任は首相である私にあります。こうした事態になったこと、国民の皆様に深くおわびを申し上げる次第です。政府において、行政において難問が山積しています。まさに政治の遅滞は許されないわけでありまして、後任を急ぎ選定いたしまして、改めて課題に取り組んでいきたいと思います」《産経新聞》

【橋下徹大阪市長】在特会代表と面談も互いに終始「暴言」

10月20日は何の日【橋下徹大阪市長】在特会代表と面談
https://www.youtube.com/

橋下徹大阪市長(45)が20日、大阪市役所で乱闘寸前の舌戦を繰り広げた。「ヘイトスピーチ」と呼ばれる人種差別的な街宣活動に苦言を呈してきた橋下氏はこの日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」の桜井誠会長と公開面談。しかし終始暴言が飛び交い、30分の予定が約7分で決裂した。

大勢の報道陣の前で十数人の警備がつき、両者は約3メートル離れ、互いに机を挟み向かい合って座った。先に意見を求められた橋下氏が「僕の意見じゃなくて」と拒否すると「あんたが言い出したことだろ!」と桜井氏が激高。橋下氏が「大阪でそういう(差別的)発言はやめろ。民族をひとくくりにして言うのはやめろ。お前ね…」と言うと、桜井氏が「お前って言うなよ!」と立ち上がって詰め寄ったため、警備関係者が慌てて制する場面もあった。橋下氏も「うるせえ、お前! 座れ」などと応戦した。

橋下氏は7月から市としてヘイトスピーチ対策に乗り出しており、今回の面談は在特会側の申し入れで実現した。《日刊スポーツ》

10月20日/のできごと