平成9415日目

2014/10/18

【三菱航空機】三菱リージョナルジェット(MRJ)の機体を初公開

三菱航空機(名古屋市)は18日、国産初の小型ジェット旅客機「MRJ」(三菱リージョナルジェット)の飛行試験用機体を完成させ、愛知県豊山町で初めて公開した。戦後初のプロペラ旅客機「YS11」から半世紀ぶりの国産機として、来春の初飛行に向けて前進した。

三菱航空機は、親会社で機体を組み立てた三菱重工業の小牧南工場で式典を開催。西村明宏国土交通副大臣、MRJを2017年に初納入する全日本空輸の伊東信一郎会長ら官民関係者が出席した。

この日は午後2時すぎに工場内の格納庫の幕が開くと、約500人を前に白地に赤黒金3色のラインが入った機体が披露され、拍手が起きた。《産経新聞》




【仙台市交通局】地下鉄東西線に導入する新型車両を公開

仙台市交通局は18日、2015年開業の市地下鉄東西線で導入する新型車両を市民に公開した。公募で選ばれた約150人が若林区荒井の車両基地で、実際に座席に腰掛けるなどした。新型車両は9月末、1編成(4両、定員388人)が運び込まれ、組み立てが完了した。内覧会では交通局の担当者が、座席の横幅が広めでゆったり座れる特徴などを説明。聴覚や視覚に障害のある人が認識しやすいよう、扉の開閉動作を示すランプとチャイムを設置したことも紹介した。《河北新報》

【 JR信越線・脇野田駅】大正10年開業の現駅舎で最後の営業

北陸新幹線上越妙高駅西側に移転する新潟県上越市大和2丁目のJR信越線脇野田駅が18日、現駅舎での最後の営業を迎えた。90年余りの歴史に幕を閉じる駅を見ようと、市内外から多くの人が訪れ、別れを惜しんだ。

1921(大正10)年に開業した脇野田駅は、1日平均の乗車人員が昨年度139人と小さな駅だが、この日は入場券だけでも夕方までに200枚以上売れた。訪れた人たちは、大正時代から残る駅舎を撮影したり、ホームで列車の写真を撮ったりしていた。《朝日新聞》

【山口俊一・北方担当相】納沙布岬から北方領土を視察

山口俊一沖縄北方担当相は18日、北海道根室市を訪れ、就任後初めて納沙布岬から北方領土を視察した。その後、元島民らと意見交換し「目に見えない線が引かれているが、紛れもなくわが国固有の領土だ。担当相として皆さまの思いを実現したい」と返還に意欲を示した。《日経新聞》

10月18日/のできごと