平成9407日目

2014/10/10

【プロ野球・阪神】和田豊監督の来季続投を発表

プロ野球阪神は10日、今季で3年契約が切れる和田豊監督(52)が来季も指揮を執ることを発表した。坂井信也オーナーが兵庫県西宮市の甲子園球場で続投を要請し、受諾を得た。

2012年に就任し、1年目は5位に終わったが、2年目の昨季に続いて今季も2位に導いた。和田監督は「新たな一歩が始まるという気持ち」と話し、坂井オーナーは「来季もことしの実績にプラスアルファすれば、必ず(好)結果が期待できるやろうとお願いした」と語った。

和田監督は1985年にドラフト3位で阪神入りし、巧打の内野手として活躍。01年限りで現役引退した後もチーム一筋で指導者を務めている。《スポニチ》




【マララ・ユスフザイさん】ノーベル平和賞受賞決定

ノルウェーのノーベル賞委員会は10日、2014年のノーベル平和賞を、パキスタンで女子教育の権利を求め、12年に銃撃されたマララ・ユスフザイさん(17)と、児童労働根絶に取り組むインドの活動家の男性、カイラシュ・サトヤルティさん(60)の2人に授与すると発表した。

17歳での受賞は1901年に始まったノーベル賞で全6部門を通じて史上最年少となる。女性の平和賞受賞は16人目。委員会は2人への授賞理由を「子どもや若者の抑圧への抵抗、全ての子どもが教育を受ける権利に向けた努力」と説明した。

マララさんは10日、英中部バーミンガムで記者団に対し「(受賞決定を)とても名誉に思う。前進する励みになる。全ての子どもが学校に行ける日が来ることを望む」と述べた。パキスタンのシャリフ首相は「パキスタンの誇り」とたたえた。《共同通信》

【サッカー・キリンチャレンジ杯】日本1−0ジャマイカ

キリン・チャレンジカップ(10日◇日本1-0ジャマイカ◇デンカS)日本は前半16分、ジャマイカのオウンゴールで先制すると、そのまま無失点で守り切って1-0で勝利。発足から3戦目にしてアギーレジャパンが初勝利を挙げた。《サンスポ》

10月10日/のできごと