平成9387日目

2014/09/20

【米・オバマ大統領】過激派対策で決意表明

オバマ米大統領は20日、週末恒例のビデオ演説で、24日からの国連総会一般討論演説などを通じて国際社会の力を結集し、過激派「イスラム国」の脅威に対抗する決意を表明した。週末の演説でイスラム国への対応を2週連続で取り上げた。

オバマ氏は今回の過激派との戦いは「米国対イスラム国」ではなく、「(中東の)地域対イスラム国」「国際社会対イスラム国」だと指摘。米国が指導力を発揮するときだとして、有志国による「幅広い連合」を主導していくと強調した。《共同通信》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【仁川アジア大会】柔道・中村美里選手が日本勢「金」1号

仁川アジア大会第2日(20日)柔道女子52キロ級の中村美里(三井住友海上)が2連覇を達成し、今大会の日本の金メダル第1号となった。同48キロ級の山岸絵美(三井住友海上)と男子66キロ級の高上智史(旭化成)が銀、同60キロ級の志々目徹(了徳寺学園職)は銅メダルだった。

シンクロナイズドスイミングはデュエットで乾友紀子(井村シンクロク)三井梨紗子(東京シンクロク)組が銀メダル。馬場馬術の団体で日本は2006年大会の銅以来のメダルとなる銀メダルを獲得した。武術の男子長拳では市来崎大祐(東京都連盟)が日本勢初メダルとなった銅メダル。自転車のチームスプリントではロンドン五輪代表の渡辺一成(JPCA)を軸とする日本男子が銅メダル。《共同通信》

【パ・リーグ】全3試合がサヨナラゲーム

プロ野球パ・リーグは20日、全3試合が行われ、楽天が3‐2で日本ハムに、西武が6‐5ソフトバンクに、ロッテが4‐3でオリックスにそれぞれサヨナラ勝ちした。

パ・リーグの3試合がすべてサヨナラ試合となったのは、1993年5月6日以来、21年ぶり2度目の珍事。このときはロッテが7‐6で日本ハムに、西武が4‐3で近鉄に、ダイエーが3‐2でオリックスにサヨナラ勝ちした。

なお、セ・リーグで最後に記録したのは2010年7月20日。《デイリースポーツ》

【ウクライナ】親ロ派と和平協議、緩衝地帯設置で合意

ウクライナ東部の正常化に向けた和平協議が19日から20日にかけ、ベラルーシの首都ミンスクで開かれ、ウクライナ政府軍と親ロシア派武装集団が前線に30キロの緩衝地帯を設置し、全ての武器使用を禁止することで合意した。

緩衝地帯は24時間以内に設置し、重火器を域内から撤退。またウクライナ国内から外国からの雇い兵を撤退させる。親ロ派武装集団の支配地域上空で無人機を含む軍用機の飛行を原則禁止することや、政府軍、親ロ派の双方が新たな部隊編成をしないことでも一致し、覚書に署名した。《共同通信》

インタファクス通信によると、ウクライナ東部各地で20日、散発的な戦闘が続いた。ウクライナとロシア、親ロシア派は20日未明に30キロの緩衝地帯を設けて停戦合意を実現することで一致したものの、依然として和平は見通せない。

ドネツクでは化学工場に砲撃があり、親ロ派はウクライナ軍が攻撃したと主張した。現場は設置が合意された緩衝地帯内とみられる。

またウクライナ国家安全保障防衛会議によると、ドネツク州マリウポリ周辺のウクライナ軍検問所では親ロ派から攻撃を受けたという。

いずれも実際に誰が攻撃したかは不明。《共同通信》

【NATO・ブリードラブ最高司令官】ウクライナ停戦「名ばかり」

ロイター通信によると、北大西洋条約機構(NATO)欧州連合軍のブリードラブ最高司令官は20日、訪問先のリトアニアの首都ビリニュスで、ウクライナ情勢に関し「ここ数日にあった砲撃などの回数は停戦前のレベルに匹敵する」と指摘、「停戦は名ばかりだ」と述べた。

ブリードラブ氏はウクライナ政府と親ロシア派による緩衝地帯設置などの20日の合意が、事態の改善につながることを期待すると語った。

依然ウクライナ領内で活動しているロシア軍部隊の一部が、東部ドネツク州マリウポリへの圧力を強めるため移動したとの見方を示した。《共同通信》

【フィリピン】台風16号通過で5人死亡、20万人が避難

台風16号が通過したフィリピンで20日までに、少なくとも5人が死亡、約20万人が避難所での生活を余儀なくされた。フィリピン国家災害対策本部が明らかにした。

首都マニラでは、広い範囲で床上浸水などの被害が発生。避難中に2歳の女児が、通りにあふれた濁流に巻き込まれて溺死した。また水浸しになった通りに切れた電線が垂れ下がり、男性2人が感電死した。《共同通信》

【ニュージーランド議会選】与党国民党が大勝

任期満了に伴うニュージーランドの議会(一院制、基本定数120)選挙が20日投開票され、与党国民党が半数を超える61議席を獲得、キー首相が3期目への続投を決めた。

キー首相は「これまでにない得票だ。強くて安定した政権をつくる」と勝利宣言した。最大野党労働党は32議席にとどまった。

現行の小選挙区比例代表併用制が1996年に採用されて以来、初の過半数議席。単独政権も可能だが、キー首相は引き続き、少数政党と連立を組む意向を示した。

これまでの連立相手のACT党、統一未来党は各1議席、マオリ党は2議席だった。《共同通信》

【イスラム国】シリア60村制圧

過激派「イスラム国」は20日までに、シリア北部アインアルアラブ周辺で少数民族クルド人勢力の村60カ所を制圧した。シリア人権監視団(英国)が明らかにした。双方は18日から激しく交戦、20日も戦闘が続いているという。

トルコ政府は19日、クルド人避難民に国境地帯を開放。ロイター通信によると、クルトゥルムシュ副首相は20日、アインアルアラブに近い南東部シャンルウルファ県の国境を越えトルコ側に避難したクルド人が、2日間で約6万人に達したと述べた。《共同通信》

【土井たか子さん】死去

元衆院議長で旧社会党委員長・社民党党首を務めた土井たか子氏が20日に肺炎で死去していたことが28日、分かった。85歳だった。葬儀・告別式は近親者で済ませた。社民党が同日発表した。

土井氏は昭和3年、神戸市生まれ。44年に旧社会党公認で衆院初当選、連続12期務めた。61年に同党委員長に就くと、「おたかさん」の愛称で人気を上げ、平成元年の参院選で「マドンナ旋風」を巻き起こした。社会党の躍進、自民党の過半数割れを導き、「山は動いた」の名言を残した。《産経新聞》



9月20日 その日のできごと(何の日)