平成9346日目

2014/08/10

【台風11号】兵庫県に再上陸

台風11号は10日、高知県に上陸して四国を北上した後、兵庫県に再上陸して近畿を縦断、北陸沖を経て日本海を進んだ。西日本を中心に続いた大雨は弱まったが、高知県では総雨量が千ミリ超の地点も出た。気象庁は三重県に出していた大雨の特別警報を全て解除した。

被害も続き、高松市の増水した川などで見つかった4人の死亡が確認されたほか、9日に岐阜県各務原市の川で流された男性も亡くなり、台風の影響とみられる死者は計9人になった。10日に確認された負傷者は50人で、京都市などでは2人が行方不明になった。和歌山県新宮市の熊野川、徳島県阿南市の那賀川では氾濫が起きた。《共同通信》



【青森県三八上北】震度5弱

10日午後0時43分ごろ、青森県三八上北で震度5弱の地震があった。震源地は青森県東方沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード6・1と推定される。気象庁によると、震源は東日本大震災の余震域と位置付ける範囲のやや北側に外れた場所で、震災との関連は不明。

記者会見した地震津波監視課の長谷川洋平課長は「余震かどうかの厳密な区別は難しく、震災がどれだけ余震域の外部にも影響したかを見極める必要がある」とした。

警察などよると、青森、岩手、宮城各県と北海道でけが人は確認されていない。東北新幹線は一時運転を見合わせたが、間もなく再開した。《共同通信》

【長野県知事選】阿部守一氏が再選

任期満了に伴う長野県知事選は10日投開票の結果、無所属で現職の阿部守一氏(53)=自民、民主、公明、次世代、結い、社民推薦=が、信州大名誉教授の野口俊邦氏(71)=共産推薦=と会社社長の根上隆氏(64)の無所属新人2人を破り、再選を果たした。

与野党相乗りの阿部氏は、政党色を抑え、街頭演説を中心に4年間の実績をアピール。2010年の前回知事選では、自民、公明両党が対立候補を支援し約5千票差の辛勝だったが、今回は両党の推薦も受け、選挙戦を終始リードした。日本維新の会県総支部も阿部氏の支援に回った。《共同通信》

【トルコ大統領選】エルドアン氏が当選

Embed from Getty Images

トルコで初の直接選挙による大統領選が10日、投開票され、選挙管理委員会は同日夜(日本時間11日未明)、首相からくら替え出馬したエルドアン氏(60)が過半数票を獲得して当選したと発表した。

エルドアン氏は、儀礼的な役割にとどまっていた従来の大統領と異なり、憲法解釈できる範囲内で最大限の権限を行使する方針を示しており、事実上の「エルドアン政権」が続くとの見方が多い。

2003年に首相に就任し空前の経済成長を果たしたエルドアン氏は高い人気を維持。イスラム色の強い与党、公正発展党(AKP)の規則で首相続投が不可能なため、大統領選への出馬を決めた。《共同通信》



8月10日のできごと