平成9297日目

2014/06/22

【日本維新の会】解党を正式決定

日本維新の会は22日、大阪市内で臨時党大会を開き、解党して橋下徹、石原慎太郎両共同代表の2つのグループに分党すると正式に決めた。橋下氏を支持する所属議員37人は江田憲司代表率いる結いの党の14人との合流に向けた準備に入る。石原グループに参加する23人は26日にも新しい党名を決定する。ともに8月中の新党結成をめざす。

野党第2党の日本維新の会は橋下氏らが2012年9月に結党。同年11月に石原氏らの太陽の党と合流した。党大会で橋下氏は「既得権を守る日本の社会システムを変えていこうという原点に立ち返りたい」と野党再編への意欲を示した。東京からのインターネット中継で石原氏は、党分裂の原因となった自主憲法制定や、集団的自衛権の行使容認に関し「基本的な信条を曲げるわけにはいかない」と強調した。《日経新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【プロ野球・セパ交流戦】巨人が2年ぶり2度目の優勝

プロ野球巨人は22日、日本生命セ・パ交流戦で2年ぶり2度目の優勝を果たした。東京ドームでともに最終戦となったソフトバンクとの1、2位対決を10―5で制し、16勝8敗として優勝賞金3千万円を獲得した。

セ・リーグ勢の優勝は2012年の巨人以来で、交流戦10年目で2度目。巨人は安定した投手陣を軸に7連勝を飾るなど中盤から抜け出した。21日のソフトバンク戦に敗れて2位に転落したが、最終戦で再逆転しての栄冠となった。《共同通信》

【 JR北海道・江差線】貨物列車脱線事故

22日午前4時15分ごろ、北海道木古内町のJR江差線泉沢―札苅間を走行中の貨物列車の後ろから2両目が脱線し、札苅駅で緊急停止した。運転士(31)にけがはなかった。JR北海道や北海道警が調べている。運輸安全委員会は調査官3人を現場に派遣した。

JR北海道では昨年にも函館線大沼駅で貨物列車が脱線。その後、レール異常の放置や検査数値の改ざんが相次いで発覚。江差線では2012年4月と同9月、貨物列車が脱線している。

JR北海道の西野副社長は記者会見で「ご心配とご迷惑をお掛けし深くおわびする」と陳謝。「脱線原因は不明。これから究明する」と述べた。《共同通信》

【自民党・萩生田光一総裁特別補佐】河野談話「海外へ説明を」

自民党の萩生田光一総裁特別補佐は22日、従軍慰安婦問題に関する1993年の河野洋平官房長官談話の作成過程を検証した政府の報告書について、英訳版を作成して対外的に説明すべきだとの考えを示した。

都内で記者団の質問に答え、「少なくとも慰安婦像設置の動きがあるオーストラリアなどに対し『実はこうだ』と説明するツール(道具)として活用できるのではないか」と述べた。同時に「これをもって直ちに韓国と事実関係を争うのは望ましくない」と指摘した。

河野氏の国会招致には「河野氏自身が発言したいのであれば国会で質疑に応じるのも選択肢ではないか」と語った。《共同通信》

【青森県六ケ所村長選】戸田衛氏が初当選

核燃料サイクル施設が立地する青森県六ケ所村で22日、任期満了に伴う村長選が投開票され、核燃推進派の前副村長戸田衛氏(67)が、会社経営菊川慶子氏(65)やアルバイト梅北陽子氏(61)ら無所属新人の3氏を大差で破り初当選した。3氏はいずれも核燃施策に反対の姿勢を示していた。投票率は62・94%。

村では日本原燃が10月の完成を目指し、使用済み核燃料再処理工場の建設を進めている。福島原発事故後初の村長選で、核燃施策の是非が争点となったが、反対票は伸びなかった。

得票数は戸田氏が5144票、菊川氏が152票、梅北氏が96票、無職関千尋氏(50)が22票。《共同通信》

【米・バイデン副大統領】ウクライナ・ポロシェンコ大統領と電話協議

バイデン米副大統領は22日、ウクライナのポロシェンコ大統領と電話協議し、ポロシェンコ氏が提示した一方的な停戦宣言を含む和平計画を支持するとした上で、ウクライナ東部の親ロシア派がこれを拒否していることに懸念を表明した。ホワイトハウスが発表した。

バイデン氏は、ロシアが今後もウクライナ東部への武器や戦闘員の供給を停止せず、親ロ派の武装解除を公に求めない場合に備え、先進7カ国(G7)が緊密に協力しながら対ロ追加制裁の準備を進めていると伝えた。《共同通信》

【F1・オーストリアGP】決勝

自動車のF1シリーズ第8戦、オーストリア・グランプリ(GP)は22日、シュピールベルクで決勝が行われ、ケータハム・ルノーの小林可夢偉は16位だった。3番手からスタートしたメルセデスのニコ・ロズベルク(ドイツ)が今季3勝目、通算6勝目を挙げた。

2位はロズベルクの同僚、ルイス・ハミルトン(英国)。ウィリアムズ・メルセデス勢はバルテリ・ボッタス(フィンランド)が初の表彰台となる3位に入り、ポールポジション(PP)発進のフェリペ・マッサ(ブラジル)は4位に終わった。《共同通信》



6月22日 その日のできごと(何の日)