平成9276日目

2014/06/01

【ゴルフ・松山英樹選手】米ツアー初優勝

米男子ゴルフツアーのメモリアル・トーナメント最終日は1日(日本時間2日)、オハイオ州ダブリンのミュアフィールド・ビレッジGC(7392ヤード、パー72)で行われ、松山英樹(22=LEXUS)が米ツアー初優勝を飾った。

Embed from Getty Images

首位と2打差の3位から出た松山は8バーディー、3ボギー、1ダブルボギーの69で回り、通算13アンダーの275で並んだケビン・ナ(米国)とのプレーオフを制した。

日本人の米ツアー優勝は、08年のAT&Tクラシックを制した今田竜二(37=フリー)以来6年ぶり4人目の快挙で22歳は最年少。優勝賞金111万6千ドル(約1億1380万円)を獲得した。《スポニチ》



【東京六大学野球】慶大、6季ぶり34度目の優勝

東京六大学野球春季リーグ最終週最終日は1日、神宮球場で早大―慶大2回戦が行われ、慶大が8―6で勝って連勝し、9勝2敗1分けの勝ち点4で6季ぶり34度目の優勝を果たした。同4で8勝4敗の早大を勝率で逆転した。3位以下は明大、立大、法大、東大の順となった。慶大は6月10日開幕の全日本大学選手権に出場する。《共同通信》

【競馬・第81回日本ダービー】ワンアンドオンリー(横山典弘騎手)1着

第81回日本ダービー=東京優駿=(1日・東京10R2400メートル芝18頭、G1)3番人気のワンアンドオンリー(横山典弘騎乗)が2分24秒6で優勝し、1着賞金2億円を獲得した。3/4馬身差の2着は、1番人気の皐月賞馬イスラボニータ、3着はマイネルフロスト。牝馬で史上4頭目のダービー制覇を狙ったレッドリヴェールは12着に終わった。《共同通信》

【 JR常磐線】原発事故の避難区域で初の運行再開

JR東日本は1日、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故に伴う常磐線の福島県内不通区間のうち、広野(広野町)-竜田(楢葉町)駅間の8・5キロで運行を再開した。避難区域内での鉄道再開は初めてで、双葉郡の復興をけん引する役割を担う。楢葉町は約3年3カ月ぶりの列車乗り入れとなり、早期帰町への足掛かりにもなる。今後は竜田駅以北の復旧が課題となる。

運行初日の1日は、楢葉町が記念イベントを実施した。多くの町民がいわき駅から乗車し、竜田駅に降り立った。JR東日本水戸支社によると、初日は午前6時21分、午前8時23分、午前9時24分に竜田駅に到着した3本だけでも計約240人が利用した。《福島民報》

【日本維新の会】結いとの新党へ準備加速

日本維新の会の浅田均政調会長は1日のNHK番組で、橋下徹共同代表のグループと結いの党による新党結成に向け準備会設置など手続きを加速させる考えを示した。「政策協議の結果を踏まえ、準備会をどうするか、(通常)国会終了と前後して話し合いを続ける」と述べた。

結いの党の柿沢未途政調会長も「橋下氏中心のグループとは61項目の政策合意を結んでいる。早期合流に向けて協議を進めたい」と応じた。

浅田氏は、日本維新が分裂する事態について「野党再編、政界再編に関する路線対立が原因だ。両共同代表の複合的、相乗的な力に期待していた人には申し訳ない」と釈明した。《共同通信》

【中国人民解放軍・王冠中副総参謀長】安倍首相発言に反発

中国人民解放軍の王冠中副総参謀長は1日、シンガポールのアジア安全保障会議で演説し、中国をけん制した5月30日の安倍晋三首相の発言に対し「中国を挑発しており、決して受け入れることはできない」と反発した。

ヘーゲル米国防長官による中国非難発言についても「覇権主義や威嚇、脅迫に満ちており、アジアの不安定要素をもたらす」と強く批判した。

その上で日米が「共同で歩調を合わせて中国に挑戦を仕掛けた。中国は最小限の反応をしているだけだ」と主張した。《共同通信》

小野寺五典防衛相は1日(日本時間同)、中国をめぐる安倍晋三首相の発言に中国軍幹部が挑発だと反発したことについて「首相は常識的な発言をした。中国には対話を求めている。中国の反応は理解できない」と反論した。訪問中のシンガポールで記者団に答えた。《共同通信》

【タイ】デモ封じ込めへ厳戒

タイのクーデターで全権を掌握した「国家平和秩序評議会」は1日、タクシン元首相派が呼び掛ける反クーデターのデモを封じ込めるため、治安部隊を首都バンコクの各所に配置、厳戒態勢を敷いた。中心部の繁華街にあるラチャプラソン交差点周辺では、日本のデパート「伊勢丹」やショッピングセンターが営業時間短縮や休業を決めた。

地元メディアによると、タクシン派はバンコクで、中心部の戦勝記念塔周辺を含む数カ所でデモを呼び掛けた。軍政は兵士と警官の計約5千人を各所に配置。デモ予定地近くの道路や高架鉄道の駅は封鎖などの措置が取られた。《共同通信》

【香港】3000人が民主化デモ

香港中心部で1日、中国当局が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から4日で25年になるのを前に、市民ら約3千人(主催者発表)が「共産党の一党独裁を終わらせろ」などとスローガンを叫びながらデモ行進した。

デモ隊の最後尾では香港在住のベトナム人ら約200人が、南シナ海の西沙諸島付近で中国が石油掘削作業を行っていることに「西沙はベトナムの海域だ」などと抗議の声を上げた。

デモ参加者は、天安門事件を「政治風波(騒ぎ)」と位置付ける中国政府を批判して再評価を要求したほか、ノーベル平和賞受賞者で服役中の中国の民主活動家、劉暁波氏の即時釈放を求めた。《共同通信》



6月1日 その日のできごと(何の日)