平成9237日目

2014/04/23

【米・オバマ大統領】寿司に舌鼓

安倍晋三首相は23日夜、来日したオバマ米大統領を東京・銀座の高級すし店「すきやばし次郎」に招き、非公式の夕食会を開いた。すしはオバマ氏の好物とされ、同店のすし職人、小野二郎さんを取り上げた映画は米国でも話題になった。

4月23日のできごと(何の日)【米・オバマ大統領】安倍首相と銀座で寿司に舌鼓
https://www.kantei.go.jp/

オバマ氏は、ビルの地下にある店の前で出迎えた首相に「シンゾウ」と呼びかけ、首相は「ハウ・アー・ユー」と応じた。両首脳ともノーネクタイ姿で握手を交わし、のれんをくぐった。会食後、首相とともに店を出たオバマ氏は記者団に「おいしいすしだった。ありがとう」と右手を挙げた。《日経新聞》



【西武ホールディングス】東証一部再上場

西武鉄道やプリンスホテルを傘下に持つ西武ホールディングス(HD)は23日、東証1部に株式を上場した。前身の西武鉄道が2004年12月に有価証券報告書の虚偽記載で上場廃止になって以来、9年4カ月ぶりの復帰。初値は売り出し価格(公開価格)と同じ1600円だった。

その後買い注文を集め、1699円(6%高)まで上昇する場面もあった。初値ベースで換算した時価総額は約5473億円と、3月のジャパンディスプレイ(約4600億円)を上回り、今年最大の大型上場となった。《日経新聞》

【海自いじめ自殺事件】東京高裁、賠償額を増額

いじめを苦に自殺した海上自衛隊護衛艦「たちかぜ」乗組員の1等海士=当時(21)=の遺族が、国などに約1億5千万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審で東京高裁は23日、賠償を一審の440万円から約7300万円に大幅に増額する判決を言い渡した。

鈴木健太裁判長は、いじめと自殺の因果関係を認め「上司が適切に調査、指導をしていれば自殺は予測可能で、回避できた」と判断した。海自による調査記録文書の隠蔽があったことも認めた。

一審横浜地裁判決は「予測できなかった」として、先輩による暴行と恐喝についての賠償責任だけ認めていた。《共同通信》

【WBCバンタム級タイトル戦】山中慎介選手、6度目の防衛

WBC世界バンタム級タイトルマッチ(23日、大阪城ホール)6度目の防衛戦に臨んだ王者山中慎介(31)=帝拳=が、鮮やかなKO勝ちを収めた。同級3位のシュテファーヌ・ジャモエ=ベルギー=に対し、9回11秒、強烈な左ストレートをボディにヒットさせ4度目のダウンを奪い、6度目の防衛を果たした。《サンスポ》

【IBFスーパーバンタム級世界戦】長谷川穂積選手、3階級制覇ならず

プロボクシングの元世界2階級王者の長谷川穂積選手(33)=真正ジム、兵庫県西脇市出身=が23日、大阪市中央区の大阪城ホールで国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級タイトル戦に挑み、王者キコ・マルティネス選手(スペイン)に7回TKO負けして日本人2人目の3階級制覇を逃した。一時代を築いた名ボクサーが進退を懸けた一戦。引退は明言しなかったが、家族や関係者からはねぎらいの声が寄せられた。《神戸新聞》



4月23日のできごと