平成9235日目

平成26年4月21日(月)

2014/04/21

【フィギュア・高橋大輔選手】来季の休養を宣言

フィギュアスケート男子の高橋大輔(28=関大大学院)が21日、大阪・吹田市内の関大で学長表彰式に出席した。3大会連続五輪出場など、これまでの実績を評価されて受賞した。高橋は保留している進退について「1年ぐらいかけて考える。試合にはたぶん出ないと思います」と1年間は休養する考えを口にした。アイスショーに出演する可能性はあるが、14-15年シーズンは競技会に出場しない方針となった。《日刊スポーツ》



【日立製作所】世界最速のエレベーターを発表

日立製作所は21日、中国・広州市で2016年に全面開業する地上530メートルの超高層複合ビル「広州周大福金融中心」に世界最高速となる分速1200メートル(時速72キロ)の超高速エレベーターを納入すると発表した。東芝や三菱電機との高速化、大容量化の競争が激しくなってきた。

地上1階から95階まで440メートルの到達時間は約43秒。2階建てや中低速を含め計95台を同ビル向けに受注し、うち2台が最高速タイプになる。現在の世界最高速は台湾の「台北101」に東芝が納入した分速1010メートルだが、三菱電機が上海で受注した分速1080メートルも超え、16年時点では日立製が首位となる。《日経新聞》

【安倍晋三首相】靖国神社に「真榊」奉納

安倍晋三首相は21日、東京・九段北の靖国神社で同日から始まった春季例大祭に合わせ「内閣総理大臣 安倍晋三」の名で「真榊」と呼ばれる供物を奉納した。昨年末に参拝したばかりである上、23日に来日するオバマ米大統領が日本と中韓両国との関係悪化を懸念していることに配慮し、参拝は見送る方向だ。 田村憲久厚生労働相や伊吹文明、山崎正昭衆参両院議長、日本遺族会会長を務める尾辻秀久元厚労相も真榊を納めた。《共同通信》



4月21日のできごと