平成9223日目

平成26年4月9日(水)

2014/04/09

【理研・小保方晴子氏】「STAP細胞はあります」

新たな万能細胞とする「STAP細胞」の論文で、研究に不正があったと認定された理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)が9日、大阪市のホテルで記者会見し「STAP現象は何度も確認された真実です」と研究の正当性を強調した。

自身では「200回以上作製に成功している」と話し「どこにでも行って(再現実験に)協力したい。研究を続けたい」と涙ながらに訴えた。

小保方氏が公の場で発言するのは、一連の問題発覚後初めて。小保方氏は、今回の騒ぎで多くの人に迷惑をかけたと謝罪した。小保方氏は「実験は確実に行われておりデータも存在している」と不正認定に反論した。《共同通信》



【 Windows XP】サポート終了

米マイクロソフトの基本ソフト(OS)「ウィンドウズXP」は9日夕、ウイルス対策などのサポートが終了する。国内のパソコンOSは少なくとも全体の約8%に当たる600万台程度がXPのまま残るとみられる。安全上の弱点を解消するソフトの配布がなくなるため、企業機密や個人情報の漏えいにつながるサイバー攻撃やウイルス感染の危険性が高まる。

日本マイクロソフト(東京)の加治佐俊一最高技術責任者は9日午前、東京都内で記者会見し「高度化した今のサイバー犯罪を旧OSで防ぐのは困難」と強調。安全性が高い最新OS「ウィンドウズ8・1」への早期移行をあらためて促した。《共同通信》

【ヤンキース・イチロー外野手】日米通算3018試合出場

米大リーグは9日、各地で行われ、ヤンキースの田中将はニューヨークでのオリオールズ戦で本拠地初登板し、二回に3点本塁打を浴びて7回を7安打3失点、10三振だった。勝敗は付かず、チームは4―5で敗れた。イチローは九回に代走で出場し、野村克也が持つプロ野球最多出場記録の3017試合を日米通算で上回る3018試合出場をマークした。

ロイヤルズの青木はレイズ戦に「1番・右翼」で出場し、五回に右翼線への適時三塁打を放って4打数1安打1打点だった。チームは7―3で勝った。

レッドソックスの田沢はレンジャーズ戦で1―1の七回途中に2番手で投げ、1/3回を1安打無失点。上原は4―2の九回を三者凡退、1三振を奪って2セーブ目を挙げた。《共同通信》

【JR北海道】特急車内で乗客のPCから「煙」

9日午前7時10分頃、北海道清水町のJR根室線十勝清水駅で、停車中の帯広発札幌行き特急「スーパーとかち2号」(5両編成)の2両目に乗っていた客のパソコンのバッテリーから煙が出た。ほかの乗客から連絡を受けた車掌がホームで消し止め、けが人はなかった。

JR北海道の発表によると、この列車には47人が乗っており、2号車の乗客は3号車に移った。この影響で同列車は55分遅れて出発し、後続の普通列車も約1時間遅れた。《読売新聞》

【安倍晋三首相】法人税引き下げに意欲


https://www.kantei.go.jp/

安倍晋三首相は9日、東京都内で開かれた新経済連盟(代表理事・三木谷浩史楽天会長兼社長)の会合で「法人にかかる税体系を国際相場からみて競争的なものにしていかなければならない」と述べ、法人実効税率の引き下げに改めて意欲を表明した。《毎日新聞》



4月9日のできごと