平成9182日目

2014/02/27

【村山富市元首相】安倍政権や維新の会などを批判

社民党の村山富市元首相は27日、日本記者クラブで記者会見し、従軍慰安婦問題をめぐり旧日本軍の関与を認めた1993年の河野洋平官房長官談話(宮沢内閣)の検証に意欲を示す安倍政権や日本維新の会を批判した。

「事実がなかったとあげつらって、詮索する意味はない。軍が作戦上の必要から慰安所をつくったのは間違いない」と主張した。談話作成の経緯に関し「軍関係者や政府の資料を調べて、総合的に判断したと思う。根拠もなく軽はずみに作ったものではない」として、見直しは国際的な反発を招くと強調した。《共同通信》



【ロシア】ヤヌコビッチ氏を保護

ウクライナの政変で大統領の実権を失ったヤヌコビッチ氏をロシアが保護したことが27日、明らかになった。ロシア通信によると、ロシア政府当局者は「同氏はロシア政府に保護を要請。これをロシア領土において実現した」と語った。事実上の亡命とみられる。

多数の市民を殺害したとしてウクライナの新体制が国際手配した同氏をロシアが受け入れたことで、新体制や政変を支持する欧米との対立は一層先鋭化する可能性が高い。《共同通信》

【NHK・籾井勝人会長】「辞表で脅すことはしない」

NHKの籾井勝人会長は27日の衆院総務委員会で、就任初日に10人の理事全員に辞表を書くよう求めたことについて「それぐらいの覚悟でやってほしいという気持ちだった。辞表をむやみやたらと使って、脅すようなことは一切しない」と述べた。民主党の福田昭夫氏への答弁。

籾井会長は「民間でこういうことをやることは特別なことではない」と話し、問題はなかったとの認識をあらためて示した。

籾井会長は26日の衆院予算委員会の分科会で「辞表を預かったことで理事が萎縮するとは思わない。一般社会ではよくあることだ」と述べた。《共同通信》

【大阪市・橋下徹市長】失職

出直し選挙に出馬するとして辞職願を提出した橋下徹大阪市長(日本維新の会共同代表)は27日、地方自治法の規定により自動失職した。大阪都構想に反対する勢力を市と大阪府の法定協議会から排除すると選挙公約に明記する方針だ。ただ主要各党は候補擁立を見送っており、3月9日に告示される選挙戦の構図や争点は固まっていない。

橋下氏は日本維新傘下の政治団体「大阪維新の会」の公認候補として出馬する。26日判明した市長選マニフェスト(公約集)素案では、都構想の制度設計に誠実に取り組んでいないとして自民、民主、共産各党メンバーを入れ替える方針をあらためて打ち出した。《共同通信》



2月27日のできごと