平成8946日目

2013/07/06

この日のできごと(何の日)

【アシアナ航空214便着陸失敗事故】

米サンフランシスコ国際空港で6日(日本時間7日未明)、ソウル発サンフランシスコ行きのアシアナ航空旅客機214便が着陸に失敗、地面に衝突して炎上した。サンフランシスコ市当局によると、乗客乗員計307人のうち、2人が死亡した。負傷者182人が病院に搬送され、うち49人が重傷。残りの123人は無事だった。韓国外務省によると、死亡した2人のうち1人は中国籍。

Embed from Getty Images

事故機はボーイング777。アシアナ航空によると、多くが機体から脱出した。乗客は韓国人77人、中国人141人、米国人61人で、日本人も1人乗っていた。外務省によると、日本人乗客は軽傷。この乗客は現地の総領事館担当者に電話で「事故機を無事脱出した」と話したという。関係者によると、乗客は男性。

韓国の国土交通省は7日、事故機について「胴体後部が滑走路に接触し(機体が)滑走路を外れた」と明らかにした。

事故機は機体上部に大きな穴が開き、消防車が消火作業に当たった。エンジンは主翼から外れて機体わきに転がり、機体最後部はちぎれて別の場所に飛散した。《共同通信》

米サンフランシスコで6日にアシアナ航空の旅客機が着陸に失敗した事故で、乗客の一人だったサムスン電子幹部のデービッド・アン氏は短文投稿サイトのツイッターに「たった今、SFO(サンフランシスコ国際空港)に胴体着陸した」と書き込み、事故直後の様子を生々しく報告した。

アン氏は煙を上げる事故機の写真も投稿し「尾翼ははぎ取られている。ほとんどの人は大丈夫みたいだ。僕も大丈夫」とコメント。「現実じゃないみたいだ…」と、事故のショックを述べた。《共同通信》

米サンフランシスコ国際空港で起きたアシアナ航空機の着陸失敗事故で、韓国のテレビ局のアナウンサーが死亡した2人が韓国人ではなく中国人だったことに「幸いだった」と発言、中国国内で強い反発が広がっている。

韓国メディアによると、韓国紙、東亜日報系のテレビ局「チャンネルA」のアナウンサーが事故の報道で「死亡者2人が中国人と確認された。私たちとしては幸いだった」とコメント。

この発言が中国メディアによって報道されると、同国のインターネット上では「中国人は人ではないのか」「恥知らずな発言だ」と非難が殺到、テレビ局は視聴者に謝罪した。《共同通信》



【 JR函館線】特急列車のエンジンから出火、200人避難

6日午後3時45分ごろ、北海道八雲町の函館線山崎―鷲ノ巣間で、走行中の札幌発函館行き特急北斗14号(8両編成)のエンジン稼働を示す表示が消えたため、緊急停車させた。

乗務員が確認したところ、車両床下のエンジン付近から出火していた。火をすぐに消し止め、乗客約200人を車外に避難させた。けが人はなかった。JR北海道によると、乗客はバスやタクシーで代行輸送した。事故の影響で長万部―八雲間の上下線の運転を見合わせ、特急などが運休した。《共同通信》

【テニス・ウィンブルドン選手権】マリオン・バルトリ選手が初優勝

テニスのウィンブルドン選手権第12日は6日、英・ウィンブルドンのオールイングランド・クラブで女子シングルス決勝が行われ、第15シードのマリオン・バルトリ(仏)が第23シードのザビーネ・リシキ(独)を6−1、6−4のストレートで破り、四大大会で初優勝を飾った。《読売新聞》

【ローマ法王フランシスコ】物質主義を戒める

「司祭や修道女が、最新のモデルの車に乗っているのを見ると気分が悪くなる」―。清貧をモットーとするローマ法王フランシスコは6日、バチカンで開かれたカトリックの若い神学生らとの交流会で、聖職者が物質主義に流されることを戒めた。

法王は「最新のスマートフォン(多機能携帯電話)やスピードの出るスクーター、注目を集める車」を所有することから真の喜びは生まれないと指摘。「車は仕事に必要だが、買うなら質素なものにしなさい。世界中で、どれだけの子どもが飢えで死んでいるかを考えなさい」と述べた。《共同通信》

【参院選】公示後初の週末

参院選が公示されて最初の週末となった6日、安倍晋三首相(自民党総裁)が参院で与党の過半数の議席獲得を訴えたのに対し、民主党の海江田万里代表は与党の独走を阻止する必要性を強調し、街頭演説で国会のねじれ状況をめぐり舌戦を繰り広げた。各党党首らもそれぞれの党や公認候補への支持を呼び掛けた。

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は東京・銀座で街頭演説し「官僚が硬直化しているから、日本の政治は新しくならない」として官僚制を中心とした統治機構を抜本的に改革すべきだと主張した。《共同通信》



7月6日 その日のできごと(何の日)