平成8843日目

2013/03/25

【広島高裁】昨年12月の衆院選は「無効」

最大2.43倍の「1票の格差」が是正されずに実施された昨年12月の衆院選をめぐる全国訴訟の判決で、広島高裁(筏津順子裁判長)は25日、広島1、2区の選挙を無効とした。

同種訴訟の無効判決は戦後初。選管側が上告すれば直ちに無効とはならないが、格差の抜本的な是正に乗り出さなかった国会に、司法が選挙のやり直しを命じる異例の事態となった。

一連の訴訟で小選挙区についての判決は8件目。これまで5件の違憲判断が出ている。《共同通信》

広告




【大阪市・橋下徹市長】府労委の認定受け入れず

橋下徹大阪市長は25日夜、組合活動に関する市職員アンケートを不当労働行為とした大阪府労働委員会の認定を受け入れず、対抗措置を取る考えを明らかにした。同日午前は「大変申し訳ない。異議はない」と表明していたが、組合側の発言に不満を抱いたとして姿勢を一転させた。

「(市が組合側と争う)他の訴訟や手続きにも影響する。とことんやるべきことは全部やる」と市役所で記者団に強調した。中央労働委員会への再審査申し立てや、取り消し訴訟の提起に踏み切る考えとみられる。

組合側は認定後の記者会見で「市長のやってきたことは間違いだと明らかになった」などと指摘していた。《共同通信》

【安倍晋三首相】EU首脳と電話協議

安倍晋三首相は25日、欧州連合(EU)のファンロンパイ大統領、バローゾ欧州委員会委員長と電話で協議し、日本とEUの経済連携協定(EPA)交渉を4月に始めることで合意した。安全保障や科学技術など経済以外の分野での日・EUの協力方針を定める政治協定締結に向けた交渉を開始することも決めた。《日経新聞》

3月25日/のできごと