平成8685日目

2012/10/18

【PC遠隔操作事件】警察庁長官「誤認逮捕の可能性高い」

警察庁の片桐裕長官は18日の記者会見で、パソコン遠隔操作事件でこれまでに警視庁、神奈川、三重両県警、大阪府警に逮捕された4人について「真犯人ではない方を逮捕した可能性は高いと考えている」と述べ、謝罪を検討していることを明らかにした。

一方、検察当局は横浜市のホームページに小学校襲撃予告が書き込まれた事件で家裁送致後、保護観察処分となった男子大学生(19)の、処分取り消しを家裁に求める検討に入った。神奈川県警の捜査検証を受け最終判断する。

警察は、真犯人を名乗る人物の犯行声明に「秘密の暴露」が多数含まれているため、声明送信者が真犯人との見方を強めている。《共同通信》




【第8回トイレ川柳】最優秀賞「生涯の 決断だって するトイレ」

TOTO(北九州市)は18日、トイレにまつわるエピソードを詠んだ第8回「トイレ川柳」の最優秀賞に「生涯の決断だってするトイレ」を選んだと発表した。審査員のコピーライター仲畑貴志さんは「人生を大きく左右する場にもなりうる空間としての捉え方が秀逸」と評した。日常生活の一場面を捉えた句が多いのが今年の傾向。

優秀賞には「子を囲み皆で力む初トイレ」など14句、小学生以下が対象のキッズ賞には「ママ携帯持ってトイレは長くなる」など4句が選ばれた。環境がテーマのグリーンチャレンジ賞は、環境への意識が日常に定着していることを詠んだ「ニガウリがトイレをのぞくエコの夏」だった。

応募総数は2万6525句。主な入選作20句を印刷したトイレットペーパー(1個350円)を、11月10日から全国の書店などで販売する。《産経新聞》

【那覇空港】国内初のLCC専用ターミナル開業

沖縄県の那覇空港で18日、国内初の格安航空会社(LCC)専用ターミナルが開業した。全日本空輸系のエアアジア・ジャパン(千葉県成田市)、ピーチ・アビエーション(大阪府泉佐野市)が使用する。ピーチは同日から関西-那覇線を1日2往復で就航した。同ターミナルは全日空の貨物施設の一部を改装。運営コスト削減のため、利用客が飛行機に乗り込む際の搭乗橋を省くなど設備の簡素化に努めたという。《産経新聞》

【野田内閣】2閣僚が靖国神社を参拝

超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・古賀誠自民党元幹事長)は18日午前、東京・九段北の靖国神社を秋季例大祭に合わせ参拝した。羽田雄一郎国土交通相と下地幹郎郵政民営化担当相(国民新党幹事長)も参加した。

沖縄県・尖閣諸島や島根県・竹島をめぐって中国、韓国と緊張状態が続いており、両国の反発も予想される。

羽田氏は参拝後、記者団に「私的参拝だ」と説明。下地氏は「国民新党幹事長の立場で参拝した。外交上の大きな問題にはならない」と強調した。議員の会は毎年、春と秋の例大祭、8月15日の終戦記念日に集団で参拝している。《共同通信》

10月18日/のできごと