平成8479日目

2012/03/26

【福島・川内村】役場が帰還

東京電力福島第1原発事故で全村避難した福島県川内村は26日、今年1月の帰村宣言を受け、同県郡山市に移していた役場機能を本来の庁舎に戻し、業務を再開した。役場ごと避難した県内9町村で、行政の帰還は広野町に次いで2例目。遠藤雄幸村長が公務で出張のため、猪狩貢副村長が庁舎に集まった約40人の職員を前にあいさつ。「これから復旧、復興、再生に向けて取り組まなければならない。協力してがんばろう」と激励した。《日経新聞》

広告




【ホンダ】タイ工場を再開

ホンダは26日、昨年のタイ洪水で浸水被害を受けた四輪車工場の操業を半年ぶりに再開した。浸水で使えなくなった機械設備などを入れ替え、再開にこぎ着けた。当初は操業度を落として生産するが、4月中旬をめどに1日1千台のフル生産に移行する計画。リスク分散のため、タイ国内の洪水発生懸念の少ない地域に新工場を建設する検討に入った。《日経新聞》

【野田佳彦首相】北朝鮮「衛星発射で制裁も」


http://www.kantei.go.jp/

野田佳彦首相は26日の参院予算委員会で、北朝鮮が「人工衛星」を予告通り打ち上げた場合について「国連安全保障理事会決議違反の形で強行されればあらゆるペナルティーを科すべく知恵を出さないといけない」と述べ、米国や韓国などと連携して制裁強化などの措置を講じる可能性に言及した。《毎日新聞》

3月26日/のできごと