2011 平成23年8月26日(金)のできごと(何の日)

平成8266日目

2011/08/26

【菅直人首相】退陣表明

8月26日は何の日【菅直人首相】退陣表明
http://www.kantei.go.jp/

菅首相(民主党代表)は26日午後、国会内で開かれた党両院議員総会で退陣を正式表明した。後継を決める代表選は「27日告示、29日投開票」の日程で行われる。

党内最大勢力を率いる小沢一郎元代表は26日夜、国会内で鳩山前首相と会談し、すでに立候補を表明した前原誠司前代表(49)に対抗するため、鳩山グループの海江田万里経済産業相(62)を支持することを決めた。選挙戦は26日夜までに計5人が名乗りをあげ、「脱小沢」と「親小沢」の対立を軸に展開する見通しとなった。《読売新聞》

菅首相は26日夜、退陣にあたって首相官邸で記者会見し、約1年3か月の政権運営について「与えられた厳しい環境の下でやるべきことはやった。東日本大震災からの復旧・復興、原発事故の収束、社会保障・税一体改革など、内閣の仕事は確実に前進している」と語った。

6月に退陣表明しながら、政権に約3か月の居座り、「政治空白」が生じたとの批判に対しては、復興基本法成立や原子力安全庁の設置決定などを挙げ「大変実り多い政策実行の期間だった」と反論した。《読売新聞》

「国民のみなさんに私からご報告をすることがあります。本日公債特例法、そして再生可能エネルギー促進法が与野党のみなさんの努力によって成立をいたしました。これで第2次補正予算を加え、私が特に重要視していた3つの重要案件がすべて成立したことになります。これにより、以前から申し上げておりましたように、本日をもって民主党の代表を辞任し、そして新代表が選出をされた後に総理大臣の職を辞することといたします」

自民・小池百合子氏「(菅首相は)日本にとって大きな傷を残した」

公明・山口那津男代表「国益が大きく損なわれた」

みんな・渡辺喜美代表「復興・原発事故対応は歴史的大罪」

共産・志位和夫委員長「願いをことごとく裏切った」

社民・福島瑞穂党首「浜岡原発停止は評価できる」




【野田佳彦財務相】民主代表選出馬表明

野田佳彦財務相は26日午後に会見し、「民主党代表選に立候補する決意を固めた」と正式に出馬を表明した。

東日本大震災からの復旧・復興、福島第1原子力発電所事故の収束が急がれる現状を「歴史的な国難」とし、原発事故収束が優先課題と指摘。先進国で最悪の状況にある財政問題や、「目前に迫っている」世界的な金融・経済危機も含めたさまざまな困難を「全身で受けとめ、背負い込んでいく。先頭に立つ」と強調した。《ロイター》

【民主党・小沢一郎元代表】代表選は海江田氏支持

民主党の小沢一郎元代表は26日、代表選(27日告示・29日投開票)で鳩山由紀夫前首相と連携して海江田万里経済産業相(62)を支持すると決めた。菅直人首相の後継選びは、知名度の高い前原誠司前外相(49)と、最大勢力の小沢グループ支援を得た海江田氏との戦いを軸に展開される見通しだ。野田佳彦財務相(54)、鹿野道彦農相(69)、馬淵澄夫前国土交通相(51)も出馬を正式表明。マニフェスト見直しや復興増税の是非を争点に、過去最多の計5候補が競う。

小沢鋭仁元環境相(57)、樽床伸二元国対委員長(52)は出馬を見送った。《共同通信》

8月26日/のできごと

シェアする

フォローする