平成8120日目

2011/04/02

【菅直人首相】東日本大震災被災地を訪問

菅直人首相は2日、東京電力福島第1原発の事故対応の拠点である福島県内の「Jヴィレッジ」を訪問した。自衛隊や東電幹部らから作業の報告を受けた後、首相は屋外に整列する東京消防庁隊員や陸上自衛隊戦車部隊、放水冷却隊をそれぞれ激励した。放水部隊には「見えない敵との戦いだが、絶対に負けないという信念で戦っていただきたい」と呼びかけた。


https://www.kantei.go.jp/

東電や協力会社の社員らには「大変な作業に感謝する。福島第1原発を何としても抑え込み、わが国が地震や津波も含めて打ち勝ったというところまで頑張らないといけない」と語った。《日経新聞》



【NHK連続テレビ小説・てっぱん】最終回

【楽天・嶋基宏捕手】「見せましょう、野球の底力を」

被災した人々を思う真心あふれるスピーチだった。東日本大震災からの復興支援のため、プロ野球の慈善試合6試合が2日、全国各地で開催された。被災地仙台を本拠地とする楽天は、札幌ドームで日本ハムと対戦。試合前、選手会長の嶋基宏捕手(26)がグラウンドであいさつに立ち、日本中が団結しての支援を呼び掛けた。

「今、スポーツの域を超えて野球の真価が問われていると思います。見せましょう、野球の底力を。見せましょう、野球選手の底力を。見せましょう、野球ファンの底力を。ともに頑張ろう東北! 支え合おうニッポン! 僕たちも野球の底力を信じて精一杯プレーします。被災地の支援、よろしくお願いします」《日刊スポーツより抜粋》



4月2日のできごと