平成8061日目

2011/02/02

【この日の菅直人総理】

衆院予算委員会

平成23年2月2日、菅総理は衆議院予算委員会に出席しました。《首相官邸》

菅直人首相は2日の衆院予算委員会で、社会保障と税の一体改革の中核となる年金制度について「民主党案をベースとするが、そのままスライドするのではない」と述べ、民主党案にこだわらず野党の意見を取り入れて修正する可能性に言及した。2013年8月の衆院議員の任期満了まで消費税率を引き上げないかと聞かれ「基本的な考え方はそういう設計図だ」と述べた。

小沢一郎民主党元代表の証人喚問に賛成するよう求められたのに対し「国会で説明すべきだという考えは変わっていない。最終的には、かかわった政治家自身が自分の責任で対処すべきだ」と述べた。《共同通信》



【 TOTOウオッシュレット】累計出荷台数3000万台突破

TOTO(北九州市)は2日、温水洗浄便座「ウォシュレット」の累計出荷台数が3千万台を突破したと発表した。発売から30年たち、住宅だけでなく公共施設などにも普及。同社は「日本人に“お尻を洗う“文化を根付かせた」と感慨深げだ。

TOTOによると、ウォシュレットは1980年に発売。当初は体験者を増やそうと、設置した飲食店などを表示したガイドマップを営業担当者が配布。その後、清潔感や心地よさが受け、徐々に販売台数を伸ばした。

家庭用は洋式便器の勢力拡大に合わせて広まり、昨年3月の内閣府調査では、他社製品を含む温水洗浄便座の家庭普及率は71・6%に。最近では航空機や東北新幹線、南極昭和基地でも採用されているという。同社は「トイレをくつろぎの空間に変え、日本のトイレ文化発展に寄与した。今後は中国や米国などでも普及を目指す」としている。《共同通信》

【福島県二本松市】JAに2人組の強盗、1億1000万円奪い逃走

2日午後10時55分ごろ、福島県二本松市成田町1の「JAみちのく安達二本松支店」の職員から、「刃物を持った2人組の男に金を奪われた」と県警二本松署に通報があった。被害は現金1億1000万円に上るとみられ、同署は強盗事件として捜査している。

同署などによると、1人で残業していた40代の男性職員が帰宅しようと支店の出入り口を開けたところ男が押し入り刃物を突き出して「金を出せ」と 要求。職員が1階事務室の奥にある金庫室の鍵を開けられなかったため、支店長ら他の職員3人を呼び出させて開け、現金を強奪した。その後、職員4人の手首をガムテープのようなもので縛り、外に止めていた車で逃走した。職員にけがはなかった。《毎日新聞》

【大相撲八百長問題】発覚

Embed from Getty Images

大相撲の野球賭博事件に絡み、警視庁が家宅捜索で押収した現役十両力士数人の携帯電話に、数十万円で勝ち星の売買が日常的に行われていたことをうかがわせるメールの記録が残っていたことが2日、捜査関係者への取材で分かった。

取組内容を打ち合わせたようなものもあったといい、警視庁は八百長をしていた可能性があるとみて、警察庁を通じ日本相撲協会を所管する文部科学省に記録の内容を伝えた。文科省によると、高木義明文科相は2日、相撲協会に事実関係の調査を指示した。

相撲協会の放駒理事長は「情報収集をして対策を考える。まだ状況を把握できていない」と事態の究明に努める姿勢を示した。

捜査関係者によると、これらの取組を対象にした賭博や暴力団の関与は確認されておらず、八百長行為自体を取り締まる法律がないため、刑事事件としての立件は見送られる公算が大きいという。

大相撲の八百長をめぐっては、関係者の証言や週刊誌報道などで、たびたび存在が指摘されてきた。相撲協会側は裁判などで一貫して否定してきたが、今回の事態を受け、厳しい対応を迫られそうだ。

捜査関係者によると、メールは数人の十両力士の間で繰り返しやりとりされていたとみられる。勝ち星を数十万円で売買したり、勝ち方や負け方などを打ち合わせたりする内容が含まれていたという。《スポニチ》



2月2日のできごと