平成5264日目

2003/06/07

【小泉純一郎首相】韓国・盧武鉉大統領と会談

小泉首相と盧武鉉韓国大統領は7日午前、東京・元赤坂の迎賓館で会談した。両首脳は、北朝鮮の核開発問題について、両国の連携を確認。平和的・包括的な解決が北朝鮮の国際社会参加の条件という考えで一致し、多国間協議への両国の参加を求めた。

6月7日のできごと(何の日)【小泉純一郎首相】韓国・盧武鉉大統領と会談
https://www.kantei.go.jp/

会談後、両首脳は「未来志向の両国関係発展のために前進しなければならない」などとした共同声明を発表した。盧大統領は6日成立した有事法制関連3法について「周辺国に警戒感がある」との懸念を示しつつも、「韓日両国が信頼をもって解決することができる」と表明した。《朝日新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。

外国の方のお名前、地名などは現時点で一般的に通じるものに書き換えています。(例・ロシアのプーチン氏はかつてプチン氏と表記されていました)

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正しています。

このサイトについて

【全仏テニス女子単】エナン・アーデン選手が初優勝

Embed from Getty Images

テニスの全仏オープン第13日は7日、パリのローランギャロスで行われ、ベルギー勢同士の対戦となった女子シングルス決勝は、第4シードのジュスティーヌ・エナン・アーデン選手が、第2シードのキム・クライシュテルス選手を6−0、6−4のストレートで破り、賞金81万9000ユーロ(約1億1500万円)を獲得した。《共同通信》

【この日の民主党】

菅代表、盧武鉉韓国大統領と会談

民主党の菅直人代表は7日、来日中の盧武鉉韓国大統領と東京都内で会談した。菅代表は会談の中で、特に北朝鮮による核開発問題や日本人拉致事件、また日本で6日に成立した有事関連法などについて盧大統領と意見を交わした。民主党からは伊藤英成副代表・『次の内閣』外務ネクスト大臣、岡田克也幹事長、角田義一参議院議員会長、枝野幸男政調会長、土肥隆一外務ネクスト副大臣、近藤昭一国際局長代理が同席した。

会談後の会見で菅代表は、「大統領は、北朝鮮は核を外交交渉のカードとして使っているが、韓国としてはそれに対し過剰に反応するのではなく平和的に解決したい、と話していた。私たち民主党も同じ考えであると伝えた。また有事法制については、(大統領として)正式に言うことはないが、韓国国民がこのことにまったく問題がないと感じているわけではないことを理解して欲しい、と話していた。私からは、民主党は対案を出し、特に人権、民主的な手続きなどについて修正させた上で賛成した。他国に対して武力的な行動をとるための準備といったものではない、と説明した」と語った。

さらに拉致事件に関して「日韓両国の共同宣言に盛り込まれたことは良かったが、日本国民には大きな憤りがあり、この問題が解決されないうちは将来の経済協力などについては進めることはできないと話した。大統領は、そのことは自分たちも理解している、と回答した」と話した。《民主党ニュース》



6月7日 その日のできごと(何の日)