平成7903日目

2010/08/28

【この日の菅直人総理】

福岡県訪問

平成22年8月28日、菅総理は福岡県を訪問し、円高による企業・工場の海外輸出問題の実態を把握するため、北九州市内のLEDチップ工場及びリチウムイオン電池電極工場を視察しました。

LEDチップ工場では、LEDチップ製造ラインの施設等を視察しました。その後、リチウムイオン電池電極工場では、施設を見学した後、工場関係者の方々らと車座集会を行いました。《首相官邸》

菅直人首相は28日、北九州市を訪れ、東芝北九州工場などを視察した。政府は31日に緊急経済対策の骨格をとりまとめる方針で、首相の視察を踏まえて円高対策や雇用の維持・拡大に向けた施策を盛り込みたい考えだ。

首相はまず、省エネ効果が高い発光ダイオード(LED)関連製品を生産する東芝の製造現場に足を運んだ。同工場は雇用創出に向けて環境関連産業の育成を図る国の補助金を受けており、視察を参考に緊急経済対策でも同様の支援策を拡充する方向だ。

首相は28日午後の車座集会で、東芝のほか、宇部興産や戸田工業などの幹部らと経済対策などに関して意見交換する。

首相は27日も東京都大田区内のめっき工場を視察するなど、ここにきて企業視察の日程を増やしている。1日告示の民主党代表選を前に経済対策に力を入れていることを姿勢を示し、政権担当能力をアピールする狙いがあるようだ。《産経新聞》



【ゴルフ・上井邦浩選手】同一大会・同一ホールで2度目のホールインワン

男子ゴルフツアーのVanaH杯KBCオーガスタ第3日は28日、福岡県芥屋GC(7146ヤード、パー72)で行われ、ツアー初優勝を狙う前日2位の上井邦浩が67で回り、通算17アンダーの199で単独首位に浮上した。首位スタートの石川遼は70と伸び悩み、トップと2打差の5位に後退した。

27歳の上井は4バーディー、1ボギーのほか、8番(パー3)で初日に続いてホールインワンを達成。日本ゴルフツアー機構(JGTO)によると、同一選手が同一大会の同一ホールで2度ホールインワンを記録するのは資料が残っている1985年以降では初めて。《スポニチ》

【プロレス・山本小鉄さん】死去

元プロレスラーで、鬼コーチとして数々のトップ選手を育てた新日本プロレス顧問の山本小鉄さんが28日午前6時42分、低酸素性脳症で死去した。68歳だった。

静養先の長野・軽井沢町でのどに異変を訴えて24日に入院。28日早朝に呼吸困難を起こして心肺停止状態となり、息を引き取った。

山本さんはアントニオ猪木(67)とともに1972年(昭和47)に新日本プロレス旗揚げに参加。引退後は「鬼軍曹」と呼ばれる熱血指導で、前田日明、武藤敬司ら名選手を育てた。《日刊スポーツ》



8月28日のできごと