平成7805日目

2010/05/22

【日米両政府】普天間「移設先は辺野古付近」

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、日米両政府は22日、移設先を同県名護市の辺野古周辺と明記する一方、基地負担軽減策として普天間の海兵隊の訓練を県外に移すことを柱とする共同声明案で大筋合意した。

22日に開かれた岡田克也外相とルース駐日米大使の会談で、声明に盛り込む内容で一致。その後、鳩山由紀夫首相にも報告された。

首相は23日に沖縄県を訪問し、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事らに概要を説明する。日米両政府内の手続きが整えば、28日にも記者会見し、両国の外務・防衛担当4閣僚(2プラス2)の共同声明として正式に発表する。

複数の日米関係筋によると、共同声明では、移設先として「辺野古周辺」を明記。2014年に移設を終えるとしている現計画が大幅に遅れないようにするため、辺野古沿岸部を埋め立てる現行案を前提に進められてきた環境影響評価(アセスメント)の全面的なやり直しはしない方針を盛り込む。

また、普天間の訓練の全国への分散、移転を進めることや、沖縄県に駐留する海兵隊など米軍の抑止力の重要性も確認。現行案に盛り込まれている在沖縄海兵隊約8千人と家族のグアム移転を進める方針も改めて明記する。

移設場所や工法など、移設の詳細は、今回は決めない。遅くとも、沖縄県知事選やオバマ米大統領来日が予定されている今年11月をめどに結論を出すことを目指す。

鳩山首相は22日、札幌市で開かれた民主党の会合に、首相公邸からインターネットを通じてあいさつし、「沖縄のみなさまにしばらくの間、負担をお願いせざるをえないが、移設に関して5月末までに合意を目指す思いは変わっていない」と述べた。《朝日新聞》



【ジョーダン・ロメロ君】米13歳少年が史上最年少でエベレスト登頂

22日、米国の13歳の少年が世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に成功し、史上最年少記録を更新した。最年少記録を更新したのはジョーダン・ロメロ君。ロメロ君のウェブサイトに「登山チームからエベレストの山頂に立ったとの連絡があった。彼らの夢はついに現実になった」と声明が発表された。

声明は登山チームとの会話の様子を説明。チームの全員が「とても喜んでいる様子」で、「計画を支持し勇気づけてくれたみなさんに感謝していた」と述べた。《AFP》

【鳩山由紀夫首相】韓国艦沈没「警戒監視万全に」

鳩山由紀夫首相は22日、韓国海軍哨戒艦の沈没原因に関する調査結果発表を受けて岡田克也外相、北沢俊美防衛相、平野博文官房長官の関係閣僚と公邸で協議し、今後も情報収集を続けるとともに、自衛隊による警戒活動に万全を期すことを確認した。首相は「しっかりやるように」と指示した。《共同通信》

【欧州C.L】インテルミラノ、45季ぶり3度目の優勝

Embed from Getty Images

欧州チャンピオンズリーグ(CL)は22日にスペイン・マドリードで決勝が行われ、インテル・ミラノ(イタリア)がFWディエゴ・ミリト(30)の2ゴールで、2-0とバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)を下し1964、65年以来45季ぶりの3度目の優勝を果たした。

インテルミラノは国内リーグ、同カップ戦との3冠を達成。また、ジョゼ・モウリーニョ監督(47)はポルトを率いた04年以来の優勝となり、史上3人目の異なるクラブでのCL制覇を果たした。《スポニチ》



5月22日のできごと