平成7618日目

平成21年11月16日(月)

2009/11/16

【鳩山由紀夫首相】)普天間移設、日米合意前提とせず

鳩山由紀夫首相は16日午前、沖縄県の米軍普天間基地(同県宜野湾市)の移設問題について「日米合意の下にすべてを決めるという話なら、議論する必要はなくなる。最初から答えが1つしかないのに、何も日米で議論する必要はない」と述べた。2006年に日米間で合意したキャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市)に移設する現行計画を前提としない考えを改めて示したものだ。首相公邸前で記者団に語った。

首相は「当然、すべての前提は置かない。『日米合意は当然重視する』と、オバマ米大統領に(日米首脳会談で)言った」と、現行計画を盛り込んだ日米合意を重視する意向は米側に伝えたと指摘。そのうえで「議論する意味は、大統領も実際にはよく理解されていると思う」と語った。《日経新聞》




【岡田克也外相】普天間移設「日米合意、白紙は困難」

岡田克也外相は16日、沖縄県の米軍普天間基地(宜野湾市)の移設問題を巡り、同基地と嘉手納基地(嘉手納町など)を視察した。視察後、那覇市内で記者会見し、「日米合意をすべて白紙に戻すのは、日米同盟に様々な悪影響が出る」との見解を示した。

外相は嘉手納町役場で、宮城篤実嘉手納町長ら地元の首長と会談。自らが実現の可能性を探る嘉手納基地への統合案に関し「検討しているが一つの案。騒音レベルが今以下になるのが大前提だ」と指摘。宮城町長らは「現状では無理だ」と否定的な考えを伝えた。

外相は会見で、17日にも初会合を開く日米両政府による閣僚級の作業グループで、嘉手納基地の機能の一部移転など騒音被害の軽減策も話し合う考えを示した。ただ宮城町長らが会談で、騒音軽減策が前提でも嘉手納基地統合案に否定的だったことを明らかにした。《日経新聞》

【菅直人副総理】エコポイント「住宅版」の創設を検討

菅直人副総理・国家戦略相は16日午前の記者会見で、省エネ家電製品の購入を促す政府の「エコポイント」の住宅版の制度を創設する考えを表明した。2009年度第2次補正予算や10年度当初予算での経済対策に盛り込む方向で調整する。環境対策を施した住宅を新築したり改修したりした場合に、様々な商品やサービスと交換できるポイントを付与する仕組みとなる見通し。消費喚起による景気浮揚を狙う。

会見で、菅氏は「『エコ住宅ポイント』で若干の支援をすることで、財政出動が小さくても大きな成果を得られる」と表明した。現在のエコポイント制度は温暖化対策の一環として、省エネ効果があると認定した薄型テレビ、エアコン、冷蔵庫を購入すれば、色々な商品やサービスと交換できるポイントを付与する仕組み。環境に配慮した自動車の購入を優遇する「エコカー減税」などとともに、麻生太郎前政権下の09年度第1次補正予算で導入した。《日経新聞》

【工藤公康投手】西武入団会見

横浜を戦力外となり、西武復帰が決まった工藤公康投手(46)が16日、埼玉県所沢市内の球団事務所で入団会見に臨み「自分の力でチームが少しでも勝てるなら、お世話になろうと思った」と話した。正式契約は後日となるが、年俸3000万円プラス出来高払いの1年契約で合意。

背番号は「子どもたちも含めて家族みんなで決めた」と「55」に決定。94年以来の古巣復帰に「僕は運が強いと思っている。ライオンズに育ててもらったからこそここまで野球ができている。ライオンズを日本一にできるように頑張ります」と抱負を述べた。(金額は推定)《スポニチ》

【京都市南区】ドラム缶が爆発、線路越え220m吹っ飛ぶ

16日午後1時45分ごろ、京都市南区吉祥院西ノ庄門口町の製薬会社「日本新薬」の倉庫付近でドラム缶が爆発、東海道新幹線の高架を飛び越え、約220メートル離れた同区唐橋西平垣町の駐車場に落下した。駐車場の乗用車2台に当たり、ボディーに傷が付いたが、けが人はいないという。

京都市消防本部によると、ドラム缶はふたと底が抜けており、廃液処理の過程で化学反応が起きて爆発したとみて原因を調べている。日本新薬によると、当時は作業員3人で敷地南側の倉庫横の屋外で廃液処理の作業中だった。ドラム缶の中身などは調査中という。《時事通信》

11月16日のできごと