平成7528日目

2009/08/18

【第45回衆院選】公示

第45回衆院選は18日公示された。国のかじ取りを自民・公明両党による連立政権に引き続き任せるのか、民主党を中心とした政権にゆだねるのかを問う「政権選択」が最大の焦点だ。

Embed from Getty Images

前回衆院選で郵政民営化を争点に圧勝した自公連立政権の4年間の実績と、各党が発表した政権公約(マニフェスト)に対する有権者の評価とが勝敗のカギを握る。日本の針路を決める30日の投開票まで12日間の選挙戦の火ぶたが切られた。

各党首は18日午前、一斉に街頭に立って、第一声を上げた。

麻生首相(自民党総裁)は東京都八王子市のJR八王子駅前で「自民党内で結束の乱れが出て、ご心配をかけた。力不足で率直におわびする。私どもの経済対策は当たったがまだ道半ばで、経済対策を継続する。国家の安全保障で統一が取れない政党に、日本の安全保障は任せられない」と訴えた。

一方、民主党の鳩山代表は大阪市中央区難波の高島屋大阪店前で「日本の歴史を塗り替える日がやってきた。官僚任せの政治ではなく、皆さんが加わることで年金を直し、後期高齢者医療制度をなくす。民主党に力を与えてほしい。惰性の政治に終止符を打たねばならない」と政権交代の必要性を強調した。

今回の衆院選は2005年9月以来、約4年ぶりで、各党がマニフェストを掲げて戦う3回目の選挙となる。《読売新聞》




昭和64年1月1日〜このサイトをご覧頂いている日の一週間前まで、すべての日の「何らかの」できごとを記しています。

情報量が少ない日は随時加筆中です。

引用記事は名前、住所など一部修正の上、抜粋してあります。また、画像は基本的にイメージです。

古い記事の多くは「書き写し」のため、誤字脱字が多数あります。見つけ次第修正していますがあらかじめご了承ください。

このサイトについて

【麻生太郎首相】東京・八王子駅北口で街頭演説

麻生太郎総裁は8月18日、東京・八王子駅北口で街頭演説を行い、5500人の聴衆を前に「みなさんの生活を、そしてこの日本を守るのは自民党である」「この夏を日本を考える夏にしてほしい」と力強く訴えました。《自民党》

【この日の民主党】

新しい温かい政治をつくり出すため、鳩山代表

鳩山由紀夫代表は18日午前、大阪市内の街頭で演説し、2000人以上の聴衆、支持者を前に、新しい温かい政治をつくり出すため、民主党への理解を深めてほしいと力強く訴えた。

鳩山代表は演説の中で、「皆様方が、一つひとつの政策づくりに加わり、新しい政治をおこすことによって、ボロボロになった年金の問題も立て直すことができる。後期高齢者医療制度を無くすこともできる、そして雇用問題も大幅に改善できる」と話し、皆さんの力によって、冷たい政治ではなく、新しい温かい政治をつくりだしたいと表明し、民主党の政策への理解を求めた。

また、鳩山代表は、最近少し経済回復の傾向が見られると前置きしたうえで、「しかし、皆さんの暮らしは決して良くはなっていない。私たちは、(少子化を防ぐ)子ども手当を実現する。お年寄りの不安を解決するため、消えた年金を消えない年金にする。そして地域のことは地域で解決する、地域主権を進めていく」と力説し、民主党が掲げる政策を丁寧に説明し、いっそうの理解を求めた。

演説には、尾立源幸、蓮舫両参議院議員も参加し、民主党の政策への理解を深めていただきたいと訴えた。

小泉・竹中氏の政治的責任は大きい 菅代表代行

菅直人代表代行は18日午前、東京都調布市の京王線調布駅前で演説し、暴走資本主義ともいうべき国民に負担を強いる政治に拍車をかけた小泉元首相・竹中大臣の政治的責任は大きいと訴え、この路線からの転換を果たすことが今日の日本に求められていると訴えた。

菅代表代行は、「(小泉・竹中路線を)間違った政策だった。一言で言えば、強いものが勝てばいいという弱肉強食の政策。郵政を民営化し、郵便貯金をもっと儲かる所に投資するというものだった」と説明したうえで、昨年のリーマンショックの際に完全に民営化され株の売却が済んでしまっていれば、その価値は半分以下となり、日本経済は大変なことになっていたと批判した。

また、アメリカで共和党の政権から民主党のオバマ政権に代わったこと例にを挙げ、前政権の政策について100%間違っていたとして転換するには政権交代しかないと、重ねて路線転換の必要性を訴えた。

そのうえで、民主党が政権をとれば、子育て、教育など、直接家計を支援するものへの予算配分する形に根本的に変えていくとした。さらに、一番重要な政策から予算を配分するの財源はで十分に確保できるとした。

この演説会には、連合の高木剛会長も加わり、「自民党は高級官僚の天下り先に予算をばら撒いている。それに対して民主党は国民の皆さんに満足していただける政策に、子ども、介護・医療などに使う。国民の国民による国民のための政治を」と訴えた。《民主党ニュース》

【韓国・金大中元大統領】死去

韓国の金大中元大統領が18日午後1時43分、入院していたソウル市内のセブランス病院で死去した。85歳だった。「午後1時35分に心停止し、蘇生措置を試みたが数分後に逝去した」と病院の広報担当が発表した。金大中氏は肺炎とその合併症などで、7月13日から入院していた。《AFP》



8月18日 その日のできごと(何の日)