平成7528日目

2009/08/18

【第45回衆院選】公示

Embed from Getty Images

第45回衆院選は18日公示された。国のかじ取りを自民・公明両党による連立政権に引き続き任せるのか、民主党を中心とした政権にゆだねるのかを問う「政権選択」が最大の焦点だ。

前回衆院選で郵政民営化を争点に圧勝した自公連立政権の4年間の実績と、各党が発表した政権公約(マニフェスト)に対する有権者の評価とが勝敗のカギを握る。日本の針路を決める30日の投開票まで12日間の選挙戦の火ぶたが切られた。

各党首は18日午前、一斉に街頭に立って、第一声を上げた。

麻生首相(自民党総裁)は東京都八王子市のJR八王子駅前で「自民党内で結束の乱れが出て、ご心配をかけた。力不足で率直におわびする。私どもの経済対策は当たったがまだ道半ばで、経済対策を継続する。国家の安全保障で統一が取れない政党に、日本の安全保障は任せられない」と訴えた。

一方、民主党の鳩山代表は大阪市中央区難波の高島屋大阪店前で「日本の歴史を塗り替える日がやってきた。官僚任せの政治ではなく、皆さんが加わることで年金を直し、後期高齢者医療制度をなくす。民主党に力を与えてほしい。惰性の政治に終止符を打たねばならない」と政権交代の必要性を強調した。

今回の衆院選は2005年9月以来、約4年ぶりで、各党がマニフェストを掲げて戦う3回目の選挙となる。《読売新聞》




【韓国・金大中元大統領】死去

韓国の金大中元大統領が18日午後1時43分、入院していたソウル市内のセブランス病院で死去した。85歳だった。「午後1時35分に心停止し、蘇生措置を試みたが数分後に逝去した」と病院の広報担当が発表した。金大中氏は肺炎とその合併症などで、7月13日から入院していた。《AFP》

8月18日/のできごと