平成7524日目

2009/08/14

【民主・社民・国民新】連立に向け共通公約

民主、社民、国民新の政策責任者は14日午後、国会内で記者会見し、衆院選で示す「共通公約」を発表した。家計支援を最重点と位置付け、国民の可処分所得を増加させて日本経済を内需主導に転換し、国民生活を立て直すことを強調。4年間を年頭に置いた消費税率据え置き、郵政事業の4分社化見直しも打ち出した。

民主党の長嶋正行政調会長は「この政策を実施するため、衆院選に勝利し政権交代を実現したい」と強調。3党間で隔たりが大きい外交・安全補償政策については「唯一の被爆国として憲法の平和主義を順守する」と触れただけで、具体的項目は盛り込みを見送った。《福井新聞》




【千早赤阪村】大阪府唯一の村が合併断念を表明

大阪府河内長野市との合併問題に揺れる府内唯一の村・千早赤阪村で14日開かれた村議会の合併特別委員会では、松本昌親村長が合併実現に理解を求めたものの、村議からは批判が噴出。 松本村長は「合意形成できなかったことは残念だが、仕方ない」と述べ、合併を断念する意向を示した。《産経新聞》

8月14日/のできごと