平成7299日目

平成21年1月1日(木)

2009/01/01

【八戸地域大規模断水事故】

1月1日のできごと(何の日)

青森県八戸市や三戸町など1市6町、計9万2600世帯(約23万8000人)で、1日午後4時すぎから断水が起こった。周辺地域でも一部、水の出が悪くなっているところがある。1日午後5時現在、復旧のメドは立っていない。 断水が起こっているのは、八戸市、三戸町、南部町、階上町、おいらせ町、六戸町、五戸町の一部。 この断水を受け、八戸市内の31校の小学校で1日の午後4~9時、周辺住民のために給水を始めている。

2日の午前6時以降、三戸町など6町でも給水活動が行われる予定。

八戸圏域水道企業団によると、馬淵川と白山浄水場を結ぶ導水管から漏水しているのが原因と見られる。1日午前6時半ごろ、白山浄水場の水量が少ないことに気づいた同企業団の職員が周辺を調査したところ、道路が陥没しているのを発見した。

地中約8メートルにある導水管(直径1.2メートル)のつなぎ目に亀裂が入った可能性があるという。導水管は90年に設置されたもので、老朽化も考えられるが、同企業団は「掘ってみないと原因はわからない」という。導水管の大きさが特殊なため、材料の手配がつかず、復旧のめどはたっていないという。《朝日新聞》

【第53回全日本実業団対抗駅伝】富士通が9年ぶり2度目の優勝

元日恒例の全日本実業団対抗駅伝は1日、前橋市の群馬県庁前を発着点とする7区間、100キロで37チームが参加して行われ、富士通が最後まで競ったアンカー勝負を制し、4時間51分55秒で9年ぶり2度目の優勝を果たした。日清食品グループは1秒差で2位、3位は同タイムの旭化成だった。《共同通信》

【サッカー第88回天皇杯】ガンバ大阪、延長制し優勝

サッカー日本一を決める第88回天皇杯全日本選手権は1日、東京・国立競技場で決勝を行い、Jリーグ1部(J1)同士の対戦はG大阪が延長戦の末に柏を1−0で下し、70回大会の前身の松下電器以来、18大会ぶり2度目の優勝を果たした。

G大阪は延長後半11分、途中出場の播戸がゴール前のこぼれ球を左足でけり込み、均衡を破った。《共同通信》

【麻生太郎首相】世界最速で不況脱出

麻生太郎首相は1日付で年頭所感を発表し、「国民の景気や生活に対する不安を取り除くため、政府は全力を尽くす。世界の中で最も早く不況から脱するのは日本だ」と景気・生活対策最優先で政権運営にあたる考えを強調した。

米国発の世界的な金融・経済危機については「日本だけがこの『つなみ』から逃れることはできない」と指摘。その上で「適切な対応をすることにより、被害を最小に抑えることはできる」と言明した。《共同通信》

1月1日のできごと