平成7214日目

2008/10/08

【プロ野球・ソフトバンク】新監督に秋山幸二氏

ソフトバンクは8日、王貞治監督(68)の後任監督に秋山幸二チーフコーチ(46)が就任したことを発表した。契約期間は3年。また、王監督が年内は取締役最高顧問を努め、来年1月1日付で取締役会長に就任することも公表された。

福岡市内で記者会見した秋山新監督は「強いソフトバンクをつくっていきたい」と抱負を口にした。同席した王監督は「思い切って自分の考える野球をやってほしい」とエールを送った。《福井新聞》




【下村脩博士】ノーベル化学賞受賞決定

スゥエーデンの王立科学アカデミーは8日、2008年のノーベル化学賞を、飛躍的に発展する生命科学の研究に不可欠な“道具”となっている緑色蛍光タンパク質(GFP)の発見者で、米マサチューセッツ州在住の下村脩・米ボストン大名誉教授(80)ら3人に授与すると発表した。

がん細胞がどのように広がるかなど、これまで見ることができなかった現象をGFPを使って追跡する手法を開発したことが評価された。《共同通信》

【麻生太郎首相】景気対策を優先

10月8日は何の日【麻生太郎首相】景気対策を優先
http://www.kantei.go.jp/

衆院は8日の本会議で、政府の総合経済対策を実行するための追加歳出1兆1081億円を柱とする2008年度補正予算案を与党と民主党などの賛成多数で可決した。16日にも参院で可決、成立する見通しだ。

麻生太郎首相はこれに先立つ衆院予算委員会での締めくくり質疑で、東京株式市場で日経平均株価が約950円下げたことについて「普通じゃない。想像を絶することで、先行き不安が出てきている」と強い危機感を表明した。

衆院解散の時期に関連し「景気対策をきちんとやらないと、国民から『おまえ選挙なんてやる前に景気だろ』との話が出てくることを踏まえ判断しないといけない」と述べ、景気対策を優先する考えを示した。《福井新聞》

10月8日/のできごと