平成6872日目

2007/11/01

【プロ野球日本シリーズ】中日、53年ぶり2度目の日本一

プロ野球の日本シリーズ第5戦が1日、ナゴヤドームで行われ、中日ドラゴンズが1―0で北海道日本ハムファイターズを破り、対戦成績を4勝1敗として、1954年以来、53年ぶり2度目の日本一に輝いた。

中日は第1戦を落としたものの、第2、3戦で打線が爆発。第5戦では、先発の山井大介が8回を一人の走者も許さない見事な投球を見せ、九回は抑えの岩瀬仁紀が三者凡退に仕留める「完全リレー」で4連勝を飾った。最高殊勲選手(MVP)には中日の中村紀洋内野手(34)が選ばれた。《読売新聞》




【自民党】“オウム被害者対策法案”提出へ

自民党は1日、「犯罪被害者等基本計画の着実な推進を図るプロジェクトチーム」(早川忠孝座長)の会合を開き、オウム真理教による事件の被害者や遺族に対し、国が教団に代わって賠償金を支払う特例法を次期通常国会に議員立法で提出する方針を決めた。

特例法は、〈1〉国がオウム真理教に代わって被害者に未払いの損害賠償金を支払う〈2〉国が教団から損害賠償金を回収する——などが柱。民主党も同様の法案を検討しており、自民党は超党派による議員立法を目指す方針。

被害対策弁護団によると、オウム真理教の破産手続きは来年3月に終結する見通しだが、被害者への賠償金など教団の債務総額は51億円で、約38億円が未払いとなっている。教団の返済能力が低下していることから、被害者側から国が賠償金を立て替える立法措置を望む声が上がっていた。《読売新聞》

【福田康夫首相】薬害肝炎訴訟「年内全面解決を」

福田康夫首相は1日午前、薬害肝炎訴訟に関して「この問題については政府の責任がないわけでない。行政の仕方にも問題があったのではないか」と国の責任を重ねて認めた上で「政府の責任を感じるのであれば、問題を早く解決することが必要だ」と述べ、早期に和解を実現して年内の全面解決を目指す意向を表明した。《福井新聞》

11月1日/のできごと