2006 平成18年11月12日(日)のできごと(何の日)

平成6518日目

平成18年11月12日(日)

2006/11/12

【長崎・女島灯台】自動化

11月12日のできごと(何の日)
http://www.kaiho.mlit.go.jp/

「おいら岬の灯台守は…」の主題歌で知られる映画「喜びも悲しみも幾歳月」(1957年)の舞台にもなった長崎県沖の女島(めしま)灯台が12日、最後の有人灯台としての役割を終え自動化される。年内に完全に無人化され、長年にわたり航路を見守り続けてきた「灯台守」は、国内約3300カ所のすべての灯台から姿を消すことになる。《共同通信》




【福島県知事選】佐藤雄平氏が初当選

県発注工事を巡る談合事件による知事の辞職に伴う、福島県の出直し知事選は12日に投開票され、前参院議員の佐藤雄平氏(58)=民主、社民推薦=が、弁護士の森雅子氏(42)=自民、公明推薦=、県労連議長の小川英雄氏(57)=共産推薦=、元県議の川田昌成氏(63)、温水器製造販売会社社長の高橋喜重氏(58)を破り、大差で初当選した。

談合事件が前知事の汚職事件に発展し県内に動揺が広がる中、佐藤氏は支持組織に加えて長年培った人脈をフル活用し、自民支持層にも食い込んだ。10月の衆院補選で2敗した民主党にとっては、来夏の参院選に向け、巻き返しにつながる勝利となった。《朝日新聞》

11月12日のできごと

シェアする

フォローする