2005 平成17年11月28日(月)

平成6169日目

平成17年11月28日(月)

2005/11/28

【大阪府警】弁護士法違反で民主党衆院議員逮捕

自分の法律事務所元職員の非弁活動(無資格での弁護士活動)を知りながら弁護士の名義を使用させていたとして、大阪地検特捜部と大阪府警は28日、弁護士法違反(非弁護士との提携)容疑で民主党衆院議員の西村真悟容疑者(57)=比例代表近畿ブロック=を逮捕した。

政策秘書A容疑者(47)ら2人も逮捕。併せて大阪府堺市にある西村容疑者の地元事務所や自宅などを家宅捜索した。

特捜部などは今後、違法活動による利益を受け取ったとして、西村容疑者を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益の収受)容疑でも立件する。民主党は西村容疑者に離党と議員辞職を求める方針。

調べでは、西村容疑者らは、逮捕された元職員S容疑者(52)らに弁護士印を使用させるなど自分の名義を貸し、無資格で交通事故の示談交渉をさせて多額の報酬を受領した疑い。

西村容疑者は1998年から2004年にかけて、弁護士印のほか、法律事務所名義の銀行口座などの管理をB容疑者に一任していた。特捜部などは、西村容疑者が、B容疑者の非弁活動を認識しながら名義貸しを続けていたとみている。

西村容疑者は、これまでの取材に対し、業務を一任していたことは認め「名義貸しは否定し難い」としたが、B容疑者を2000年末に「解雇」し、それ以後も非弁活動をしていたことは「知らなかった」などと説明していた。

A容疑者はこれまでの調べに対し、西村容疑者が名義貸しに関与していたことを認めているという。

事件は、右翼団体に所属経歴のあるB容疑者が非弁活動をしているとの情報を入手した府警警備部が捜査を進め、7月に同法違反容疑で書類送検。特捜部が18日、同容疑者ら4人を逮捕し、西村容疑者の関与を調べていた。

府警が西村容疑者を、地検がA容疑者らをそれぞれ逮捕した。

西村容疑者は大阪府堺市出身。85年に大阪弁護士会に登録後、93年の衆院選で初当選。防衛政務次官などを務め、現在5期目。《共同通信》




【民主党・前原誠司代表】「(西村議員は)潔く辞職を」

民主党は28日の臨時役員会で、弁護士法違反容疑で逮捕された同党の西村眞悟衆院議員(比例近畿ブロック)を除籍処分とし、議員辞職を勧告する方針を決めた。29日の常任幹事会で正式決定する。西村議員は28日、党本部に離党届を提出したが、受理しないことも決めた。

民主党の前原代表は28日、党本部で記者団に対し、「国民を率先垂範しないといけない議員が政治不信を増大することになり、心からおわび申し上げる」と陳謝した。さらに、「西村議員は、拉致問題などの(発言の)ように歯切れ良く、潔く議員を辞職すべきだ」と述べた。《読売新聞》

【トヨタ・ベルタ】発売

TO_S129_F001_M001_1_L
http://www.carsensor.net/

【麻生太郎外相】拉致被害者家族会と面談

麻生太郎外相は28日、拉致被害者家族会の横田滋代表らと外務省で初めて面談し、家族会側が求めた経済制裁の発動について「(拉致不明者のうち安否不明の)生存者の人命が心配なので極端なことはできない」と慎重姿勢を示した。《共同通信》

11月28日/のできごと