平成5935日目

平成17年4月8日(金)

2005/04/08

【映画監督・野村芳太郎さん】死去

4月8日のできごと(何の日)

「砂の器」「事件」「鬼畜」などの社会派作品で知られる映画監督の野村芳太郎さんが05年4月8日午前0時15分、肺炎のため都内の病院で死去した。85歳。90年に脳出血で倒れてから療養を続けていたが、自宅で企画を練るなど最後まで現場復帰に意欲を見せていた。松本清張作品の映画化で手腕を発揮する一方、渥美清さんらを起用した喜劇でも傑作を残した。

社会派の巨匠が88本の作品を残して天国に旅立った。二男芳樹さん(56=松竹エンタテインメント取締役)によると、野村さんは3月22日、体調不良を訴え緊急入院。こん睡状態に陥った。芳樹さん夫妻、長女かをりさんら家族がみとった。

85年「危険な女たち」で監督を務めた後、体調を崩した。90年と92年に脳出血で倒れたが、いずれも後遺症が残らない軽度なもので、以降は自宅療養を続けていた。「キネマの天地」(86年)と「復活の朝」(92年)でプロデュースに名を連ねたが、現場に足を運ぶことはほとんどなかった。 《日刊スポーツ》

【ヨハネ・パウロ二世】葬儀


https://www.youtube.com/

【ホンダ・エアウェイブ】発売

4月8日のできごと(何の日)
https://www.goo-net.com/

【三洋電機】次期会長に野中ともよ氏

三洋電機は8日、社外取締役の野中ともよ氏(50)が会長兼CEO(最高経営責任者)に就き、井植敏雅副社長(42)が社長兼COO(最高執行責任者)に昇格する人事を発表した。就任は6月下旬。桑野幸徳社長(64)は取締役相談役に退くが、井植敏会長(73)は現任の代表取締役兼取締役会議長を継続する。《日経新聞》

4月8日のできごと