平成5934日目

平成17年4月7日(木)

2005/04/07

【町村信孝外相】韓国・潘基文外相と会談

町村信孝外相は7日、訪問先のイスラマバード市内のホテルで韓国の潘基文外交通商相と会談した。潘氏は一部の歴史・公民教科書の記述を「歪曲」と激しく非難し、関連部分を削除するよう要求。町村氏は削除を拒否、冷静な対応を促した。

ただ首脳会談を予定通り年2回行うことでは合意、小泉純一郎首相が6月にも訪韓する方向で調整することになった。だが、韓国側は国内世論の動向を見極める姿勢で、関係修復が進むか余談を許さない状況だ。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】全国交通安全運動中央大会に出席

4月7日のできごと(何の日)
https://www.kantei.go.jp/

7日、小泉首相は東京都品川区立第一日野小学校において開催された「平成17年春の全国交通安全運動中央大会」に出席した。

首相は体育館での式典で、児童らを前に「交通事故に遭わないように日ごろから注意しましょう」と交通安全を呼びかけた。「はーい」という児童の元気な返事に「みんな静かに聞いていて、いい子ですね」と挨拶した。その後、首相は児童代表及び高齢者代表に直筆の交通安全の標語を贈るとともに、交通安全のクイズの中で、自ら着用した反射材を用いた背広を披露した。《首相官邸》

【最高裁】オウム・岡崎被告の上告棄却、死刑確定へ

坂本堤弁護士一家殺害、オウム真理教信者のリンチ殺害の両事件で殺人罪に問われ、1、2審で死刑判決を受けた元教団幹部・岡崎(宮前に改姓)一明被告(44)の上告審判決が7日、最高裁第1小法廷であり、島田仁郎裁判長は上告を棄却した。死刑が確定する。一連のオウム事件で、東京地裁・東京高裁で死刑判決を受けた被告は 13人いるが、確定は初めて。《読売新聞》

【音楽家・中山大三郎さん】死去

「人生いろいろ」や「無錫(むしゃく)旅情」などのヒット曲で知られる作詞、作曲家の中山大三郎さんが7日午前零時3分、咽頭(いんとう)がんのため、東京都港区の病院で死去した。64歳。宮崎県出身。

法政大学在学中に「南国の春」で作詞家としてデビュー。クラウンレコードの専属となった後、フリーに。尾形大作さんのデビュー曲として作詞・作曲した「無錫旅情」がヒット、87年には作詞した島倉千代子さんの「人生いろいろ」が大ヒットし、日本レコード大賞作詩賞を受賞した。《共同通信》

4月7日のできごと