平成5923日目

2005/03/27

【小泉純一郎首相】仏・シラク大統領と会談

小泉純一郎首相は27日、フランスのシラク大統領と都内の外務省飯倉公館で会談した。首相は欧州連合(EU)が検討中の対中国武器輸出禁止措置の解除について、北東アジアの安全保障体制に影響を及ぼしかねないとして反対を表明。これに対し大統領は日本に理解を求め、平行線に終わった。


https://www.kantei.go.jp/

国連安保理改革では、常任、非常任理事国をそれぞれ拡大すべきだとの認識で一致。今年9月の特別首脳会合までに安保理拡大を決定するよう求めたアナン国連事務総長の勧告実現に向け協力することを確認、大統領は日本とドイツの拒否権を有した形での常任理国入りに支持を表明した。《共同通信》



【プロ野球・楽天】ロッテ戦で26失点

プロ野球に51季ぶりに新規参入した東北楽天ゴールデンイーグルスは27日、千葉マリンスタジアムで、千葉ロッテマリーンズと球団2試合目を戦い、0―26の大敗を喫した。球団初戦となった前日は快勝で球史に一歩を刻んだ楽天だが、この日の26失点は1950年の2リーグ分立後、ワースト3番目に並ぶ不名誉な記録となった。《朝日新聞》

【韓国・盧武鉉大統領】日韓首脳会談「予定通り」

韓国の盧武鉉大統領は27日、日韓首脳会談について「今年上半期中に予定されている小泉純一郎首相との会談をあえて取り消す理由はない」として、予定通り6月ごろ行う方針であることを強調した。竹島(韓国名・独島)や歴史教科書の問題などで日韓関係が悪化する中、日本側に強硬姿勢を示しながらも対話を堅持する両面戦術を大統領が確認した格好だ。

盧大統領は記者団に対し「首脳会談を早めることもできるが、中身がなければならないのではないか」と語った。韓国の一部マスコミは早ければ5月にも会談の可能性があると報じていた。

盧大統領は竹島について「あまり早く解決すれば、逆に整理できなくなる。政治家が何人かで宣言して定着するものではない」と指摘。「日本の国民が問題の本質が何かを真剣に悩み、自覚できるようにして、韓国の国民も行き過ぎがないようにしなければならない」と述べ、韓国国民に対し冷静な対応を呼び掛けた。《共同通信》



3月27日のできごと