平成5776日目

2004/10/31

【野党】「自衛隊撤退を」

民主、共産、社民の野党3党の党首は31日、イラク日本人人質事件を受けそれぞれ国会内で記者会見し、政府に自衛隊撤退と事件の説明を求める姿勢を強めた。

岡田克也民主党代表は「自衛隊の派遣がなければ事件は起こらなかった。(イラク駐留の自衛隊は)12月14日に派遣期限がいったん切れる。延長させずに自衛隊撤退を強く求めたい」と述べた。

共産党の志位和夫委員長は「米国の無法な戦争と占領が原因で、支持した日本政府の責任も問われている」と指摘。社民党の福島瑞穂党首は「日本の誤った政治の選択の延長線だ」と強調した。《福井新聞》




【小泉純一郎首相】イラク日本人男性殺害事件「残念」

人質となっていたKさんの殺害が31日確認され「最悪の結果」(町村信孝外相)となったことは「救出に全力を挙げる」と繰り返してきた政府に大きな衝撃を与えた。小泉純一郎首相は同日午前10時前、首相官邸に入ったが、表情は固く口を真一文字に結んだまま。野田健内閣危機管理監から状況説明を受け、沈痛な面持ちで「残念だ」と述べた。

首相は午後0時半すぎ、首相官邸で記者団に「ああいう残虐非道な行為にあらためて憤りを覚える」と述べた。政府が接触に全力を挙げていた犯行グループについては「特定できない」とした。《福井新聞》

10月31日/のできごと