2004 平成16年10月24日(日)

平成5769日目

2004/10/24

【新潟県中越地方】余震断続、死者23人に

新潟県中越地方を襲った直下型地震の被害は24日、確認作業とともに拡大、県警の調べでは死者は23人に上り、負傷者は2100人を超えた(共同通信まとめ)。死傷者数による被害規模は1995年の阪神大震災以来。

防災科学技術研究所は、本震で観測した小千谷市でも揺れが参考値ながら「震度7相当だった」と地震調査委員会に報告。震度5強などの余震が続き、避難者は夜になって8万2000人に達した。《福井新聞》




【上越新幹線】東京〜越後湯沢間で運転再開

JR東日本によると、新潟地方を中心とする地震で東京―高崎以外の区間での運転を停止していた上越新幹線は24日午前8時10分、高崎-越後湯沢間の運転を再開した。当面、東京―越後湯沢間の折り返しで運行される。下りは午前8時10分東京駅発「たにがわ433号」が、上りは同9時14分越後湯沢駅発「たにがわ434号」が初列車。《朝日新聞》

【政府】中越地震「対策本部」設置

政府は24日、新潟県中越地震で災害対策基本法に基づき「非常災害対策本部」(本部長・村田吉隆防災担当相)を設置した。地震による同本部の設置は1995年の阪神大震災以来。

小泉純一郎首相は同日午後、東京・品川区の公邸で記者団に対し「(災害復旧で)総合的に適切な対応をとっていきたい。必要な予算はきちんと処置する」と今回の地震や一連の大型台風による災害復旧に充てる補正予算案を策定する考えを表明。現地視察を検討していることを明らかにした。《福井新聞》

10月24日/のできごと

シェアする

フォローする