平成5552日目

2004/03/21

【小泉純一郎首相】自衛隊イラク派遣の意義を強調

3月21日は何の日【小泉純一郎首相】自衛隊イラク派遣の意義を強調
http://www.kantei.go.jp/

小泉純一郎首相は21日午前、神奈川県横須賀市の防衛大学校の卒業式で訓示し「今やわが国は、国際的な平和と繁栄のため積極的に貢献する立場にある。イラクでは陸海空の自衛隊が人道復興支援に汗を流している」と述べ、自衛隊イラク派遣の意義を強調した。

石破茂防衛庁長官は、シビリアンコントロール(文民統制)に関して「専門的知見を有する事柄について意見を申し述べることは、自衛官としての権利であると同時に責務だ」と指摘し、安保政策の決定に制服組がより積極的に関与すべきだとの考えを重ねて示した。

首相は訓示の中で、イラク南部サマワで活動している陸上自衛隊の佐藤正久隊長からの「日本国民の善意の代理者、実行者として、精いっぱい取り組むことを肝に銘じている」とのメッセージを紹介した。《福井新聞》

広告




【自民党・山崎拓前副総裁】参院選不出馬を表明

自民党の山崎拓前副総裁は21日夜、福岡市内で記者会見し、7月に予定される参院選には立候補せず、衆院福岡2区からの国政復帰を目指す考えを正式に表明した。

「衆院解散・総選挙を前提に努力を積み重ねる」と強調したが、同時に「常在戦場だ」とも述べ、学歴問題を抱える古賀潤一郎衆院議員(無所属、民主党を離党)が辞職した場合の補選出馬に備える考えをにじませた。

参院選不出馬の理由については「一時期迷ったが、地元では福岡2区からの国政復帰を目指すべきだとの意見が圧倒的だった。本筋を貫くべきだと考えた」と説明した。《福井新聞》

3月21日/のできごと