平成5352日目

2003/09/03

【東京地裁】「2ちゃんねる」敗訴

インターネットの掲示板「2ちゃんねる」が出すメールマガジンで名誉を傷つけられたとして、東京の化粧品会社「ディーエイチシー(DHC)」が、「2ちゃんねる」の管理運営者、西村博之さんに1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は3日、700万円の支払いを命じた。

大橋寛明裁判長は「食品添加物として禁止されている薬品が商品の健康食品に混入した疑いがあるにすぎないと認識していながら、意図的に使用したかのような記述をしてDHCの信用を著しく傷つけた」と認定した。

判決によると、西村さんは昨年4月と6月発行の「2ちゃんねるメールマガジン」で「DHCは健康食品に枯れ葉剤を入れていた」「11万人以上に枯れ葉剤を食わせた」などと記載した。《産経新聞》




【プロ野球・オリックス】岡添裕球団社長が辞任

オリックスは3日、同日付で岡添裕球団社長の辞任を発表した。最下位だった昨年に続く成績不振による事実上の解任となった。後任にはグループ内の別会社で社長を務める小泉隆司氏が、同日付で就任した。

Yahoo!BBスタジアム内での会見で、岡添氏は「ここ数年の成績不振はファンや関係者に申し訳ない。フロントの1人として責任を痛感している」と話した。

1999年10月に球団社長に就任した岡添氏は、米大リーグスタイルの球場を目指した「ボールパーク構想」や契約金0円選手など斬新なアイデアを出した。一方で「無駄なお金は使わない」とFA(フリーエージェント)などでチームを離れる主力選手の引き留めなどを行わず、4年連続のBクラスというチームの弱体化を招いたとの批判もあった。《共同通信》

【民主党・菅直人代表】政権獲得なら衆院比例100に

民主党の菅直人代表は3日午後、日本記者クラブで講演し、衆院比例代表定数の現行180から100への削減など、次期衆院選で政権を獲得した場合に「政治改革」「経済」「社会保障」の3分野で優先的に取り組む政策課題を明らかにした。今後、マニフェスト(政権公約)への盛り込みを検討する。《福井新聞》

【自民党総裁選】亀井、藤井氏が出馬表明

自民党江藤・亀井派会長代行の亀井静香前政調会長(66)と橋本派の藤井孝男元運輸相(60)は3日、党本部で相次いで記者会見し、20日投票の党総裁選への出馬を正式表明した。高村派会長の高村正彦元外相(61)も4日に出馬表明する考え。

このほか、堀内派の丹羽雄哉会長代行が出馬を引き続き検討中。党青年局を中心に若手候補擁立を模索する動きもある。《福井新聞》

【小泉純一郎首相】ポリープ切除手術

小泉純一郎首相は3日、東京・戸山の国際医療センターで人間ドックの内視鏡検査を受けた結果、S状結腸にポリープが見つかり、内視鏡による切除手術を受けた。同センターによると、ポリープは良性で術後の経過も良好という。《福井新聞》

9月3日/のできごと