平成5220日目

平成15年4月24日(木)

2003/04/24

【東京地検】オウム・松本智津夫被告に死刑求刑

オウム真理教(アーレフに改称)の松本智津夫(麻原彰晃)被告(48)に対し、東京地検は24日、東京地裁(小川正持裁判長)で開かれた第254回公判で、死刑を求刑した。論告で検察側は「これほどの凶悪重大犯罪を繰り返し、悲惨な結果をもたらした者はなく、わが国の犯罪史上最も凶悪な犯罪者というしかない」と指摘した。オウム事件での死刑求刑は13人目。10月30、31日に弁護側が最終弁論を行って結審し、判決は来年初めにも言い渡される見通し。

松本被告が指示したとされる地下鉄サリンなど13事件では、計27人が死亡した。90年代の日本を揺るがしたオウム真理教の「教祖」の裁判は、初公判からちょうど7年で大きな節目を迎えた。

検察側は論告で、「松本被告は自分への帰依と絶対的服従を弟子に求め、衆院選敗北(90年2月)を機に、社会全体を激しく憎悪し、無差別大量殺りくに突き進んだ」と、生物兵器や化学兵器の開発など、教団が進めた武装化の経過を詳述。さらに具体的な言葉を挙げて、各事件の実行を弟子たちに指示した首謀者と断定した。

また、松本被告の情状について「今日に至るまで、自己の非を認めるどころか、弟子に責任転嫁するなど見苦しい態度を取り続け、全く反省、悔悟の情は認められない」と厳しく非難した。

一連の事件の動機としては「異常なまでに強烈な権勢欲と支配欲を満足させるだけのために、各犯行の指示が出された」と指摘した。死者数が27人に上ることにも触れ、「組織犯罪の中でも組織性、計画性は群を抜き、日本の治安を根幹から揺るがした責任は極めて重大だ」と述べた。

個別事件では、地下鉄、松本両サリン事件について「わが国犯罪史上、例を見ない凶悪な無差別大量殺りくテロで、宗教性などみじんも認められない」と非難した。坂本堤弁護士一家殺害事件では「いたいけな幼児(長男龍彦ちゃん)を含め、家族もろとも殺害した冷酷非情、卑劣極まりない犯行だ」と指弾した。《毎日新聞》



4月24日のできごと