平成4928日目

2002/07/06

【アフガニスタン】副大統領が暗殺される

アフガニスタンの首都カブールで6日午後0時半ごろ、車に乗っていたアブドル・カディル副大統領兼公共事業相が何者かに銃撃され死亡した。6月の政権発足以来、閣僚級の要人が暗殺されたのは初めて。運転手も即死した。

カルザイ大統領は同日夕、緊急閣議を召集し対応を協議。大統領報道官によると、大統領はハリ副大統領を長とする事件の緊急調査委員会を設置した。《共同通信》



【ウィンブルドンテニス女子】セリーナ・ウィリアムズ選手、初優勝

Embed from Getty Images

テニスのウィンブルドン選手権第12日はロンドン郊外のオールイングランド・クラブで女子シングルス決勝を行い、全仏オープンの覇者で第2シードのセリーナ・ウィリアムズ選手(米国)が、第1シードで3連覇を目指した姉のビーナス・ウィリアムズ選手(米国)を7−6、6−3で破り初優勝、四大大会3勝目を挙げ、優勝賞金48万6000ポンド(約9100万円)を獲得した。《共同通信》

【自民党・麻生太郎政調会長】小泉首相の経済、財政運営を批判

自民党の麻生太郎政調会長は6日午前、神戸市内で講演し、デフレ対策に関連して「(財務省の)財政再建原理主義者は、市場原理主義者、イスラム原理主義者のように現実的でないのが共通点だ」と述べ、先行減税に慎重な財務省が主導する小泉純一郎首相の経済、財政運営を強く批判した。《共同通信》



7月6日のできごと