2001 平成13年12月6日(木)

平成4716日目

平成13年12月6日(木)

2001/12/06

【阪神・野村克也監督】辞任表明

プロ野球阪神の野村克也監督は6日未明、野崎勝義球団社長とともに兵庫県西宮市の甲子園球場内の阪神球団事務所で会見し、「こういう状況ではとても来季の指揮を執るわけにはいかない」と辞任を表明した。野村監督は夫人の沙知代容疑者(69)が5日、脱税容疑で東京地検特捜部に逮捕され、同日深夜急きょ、羽田空港発の航空機で大阪入りし、球団事務所に駆けつけて会見。「ファンに申し訳ない」と自らの責任に触れた。野崎球団社長は「本人から辞任の申し出があり、意思を尊重した」と話した。

後任監督については未定としているが、球団側は早急に決定する予定。岡田彰布2軍監督(44)か木戸克彦ヘッドコーチ(40)が内部昇格するとみられていたが、球団側はチームのこの危機を若手監督で乗り切るのは難しいと判断。実績のある監督経験者を外部招聘する案があり、今季までオリックスの監督を務めた仰木彬氏(66)の就任が有力となっている。《共同通信》

【プロ野球・横浜】石井浩郎内野手の入団を発表

横浜は6日、横浜市内の球団事務所で前ロッテの石井浩郎内野手(37)の入団を発表した。1年契約で年俸は5000万円プラス出来高払い。背番号は3。

来年6月に38歳となるベテランは「拾ってくれて恩返しをしたい。フル出場する意気込みで精いっぱい頑張る」と語った。《共同通信》

【自民党・麻生太郎政調会長】小泉首相を批判

自民党の麻生太郎政調会長が6日午前、都内で講演し、小泉純一郎首相の政治手法について「この人が言ったらそれ以外(の意見)は認めないのは全体主義だ。黙ってついて来いなんていう単純な時代ではない」と述べ、首相方針に反対する与党議員を「抵抗勢力」と決めつけ、トップダウンで政策決定を進める首相を批判した。《共同通信》

12月6日のできごと