平成3758日目

平成11年4月23日(金)

1999/04/23

【東京都・石原慎太郎知事】初登庁

東京都知事選で当選した石原慎太郎知事が23日、新宿区の都庁に初登庁、石原新都政がスタートした。「東京から新しい政治のパターンをつくりたい。東京は日本の機関車になれる」と職員にあいさつ、都政運営に意欲を見せた。

午後には首相官邸を訪ねて小渕恵三首相にあいさつし「国との関係の中で解決しなければならない問題がある」と協力を要請。首相は「せっかく都知事になったんだから頑張ってほしい。旧知の仲だし、できるだけ力を貸そう」と協力を約束した。《共同通信》



【新指針法案】今国会成立へ

自民、自由両党は23日夜、日米防衛協力のための新指針(ガイドライン)関連法案の修正問題で、周辺事態の定義に一部修正を加えることで一致した。自衛隊出動の国会承認や武器使用の問題などでも正式合意し、与党内協議は決着した。

関連法案は、26日の衆院日米防衛指針特別委員会で採択することで与野党が合意、27日の衆院本会議で可決され、参院に送付される日程が事実上確定した。各党とも、参院では修正しないことを前提に協議しており、今国会中の法案成立が確実になった。《共同通信》

【民主党・鳩山由紀夫幹事長代理】石原都政に辛口エール

民主党の鳩山由紀夫幹事長代理は23日、石原慎太郎東京都知事の就任について記者団から感想を求められ、「弟(鳩山邦夫氏)を推薦した者として、勝利を勝ち取れなかったのは残念だ」と悔しそうな表情。気を取り直して「職の重さを十分に認識し、創意を全面に出しながら積極的に活動するよう期待する」と注文をつけた。

さらに「ノーと言える東京でもいいが、国際都市、東京の顔として互いの尊厳を認め、好き嫌いから脱皮してほしい」と石原都政の船出に辛口のエールを送った。《共同通信》

【MLB・カブス】野茂英雄投手を解雇

米大リーグ、カブスは23日(日本時間24日)、一カ月の契約で傘下の3Aアイオワに所属していた、野茂英雄投手(30)の解雇を発表した。球団側は、大リーグ復帰に向け、3Aでのテスト期間を延ばすよう提案したが、野茂側が断り、新たな球団との契約を探る道を選んだという。《朝日新聞》



4月23日のできごと