平成3628日目

平成10年12月14日(月)

1998/12/14

【米・クリントン大統領】パレスチナ自治区を訪問

クリントン米大統領は14日午前、パレスチナ自治区のガザを訪問、アラファト自治政府議長と会談した。大統領の自治区訪問は初めて。

今回の訪問で、アラファト議長は悲願の独立国家樹立へ向けパレスチナの「国際的認知」を高めるという大きな政治的得点を稼いだ半面、イスラエル側はパレスチナの独立志向が強まりかねないとして警戒を強めている。

大統領は会談後、「道のりは険しく、不確実だが、前に進む以外に選択肢はない」と述べ、イスラエルと自治政府が今後も和平を推進するよう、強く求めた。《共同通信》

【小渕恵三首相】梶山静六氏らと会談

小渕恵三首相は14日午後、自民党非主流派を主体とする「危機管理・改革議員連盟」の梶山静六代表らと首相官邸で会談し、挙党態勢の下で自由党との連立を推進していくことで一致した。

ただ、首相は具体的な対応に関しては「18日に(ベトナムから)帰国後、虚心坦懐に小沢一郎自由党党首と会談して判断したい」と述べるにとどめた。会談後、梶山氏は人事などは「首相が決めることだ」と強調した。《共同通信》

【小渕恵三首相】タンザニア大統領と会談


https://www.kantei.go.jp/

小渕首相は14日、官邸でタンザニアのムカパ大統領と会談した。首相は観光事業の人材育成とともに、日本企業のタンザニアへの投資促進への協力を表明。その後、高村外務大臣とメグジ天然資源・観光相との間で、無償資金協力のための書簡が交換された。《首相官邸》

12月14日のできごと