平成3482日目

1998/07/21

【自民党総裁選】小渕恵三氏、梶山静六氏、小泉純一郎氏が立候補届け出

橋本龍太郎首相(自民党総裁)の後継を決める総裁選は21日、立候補を受け付け、梶山静六前官房長官(72)、小泉純一郎厚相(56)、小渕恵三外相(61)の3氏の順で届け出た。経済再建策など政策論争の一方で、選挙人の過半数(207人)の過半数を目指す各陣営の攻防が激化。

小渕氏はこれまでに、最大派閥の小渕派(88人)の大半を固めたほか、宮沢、旧渡辺派の支持も見込んで200の大台乗せをめざしている。小泉氏は所属する三塚派(87人)をほぼ固め、他派閥の一部を取り込んで100台をうかがう構え。梶山氏は派閥横断の支持を得て小泉氏を追う展開の模様だ。《共同通信》

梶山静六前官房長官、小泉純一郎厚相、小渕恵三外相の3氏は21日午後、党本部でそろって記者会見した。梶山氏は不良債権問題解決、小泉氏は「選挙の顔」、小渕氏は党をまとめる総合力と、各自の持ち味を訴えた。

梶山氏は「今乗り越えなければならないのは経済不況、金融の不全だ。この二つを解決しなければ将来の展望は開けない」と指摘。これら問題に「短期であろうが全力を挙げ、活路を見いだしたい」と述べ、経済問題一点に絞って支持を求める考えを示した。

小泉氏は「党員に訴えたいのは、どの党首の下で来るべきいくつかの選挙を戦うべきか。それだけだ」と菅直人民主党代表に対抗する選挙の顔としての自らをアピール。「(橋本首相と総裁を争った)前回は負け戦だと思っていたが今回は勝機はある」と自信をのぞかせた。

小渕氏は「参院選で自民党は厳しい鉄ついを下された。党の全力を結集して難局に取り組まなければならない」と強調。「党内の有為の方をすべて網羅する形で政治指導することができるのは総合力だ。大きな勝負の時と考え、立候補した」と強調した。《共同通信》



【天皇、皇后両陛下】那須で放鳥

天皇、皇后両陛下は21日午後、静養のため東京駅発のJR東北新幹線で栃木県入りし、那須町の那須御用邸に到着後、御用地内でキジやヤマドリの幼鳥を放鳥された。

放鳥は栃木県が昭和28年から続けている野鳥保護事業。42年に昭和天皇が参加して以来、御用邸滞在中の両陛下らがほぼ毎年、参加して実施している。昨年は台風19号の上陸で静養が取りやめになり、両陛下は参加しなかった。

両陛下は24日までの滞在中、同県大田原市のネギ生産農家を視察する。《共同通信》

【政界談話室】

○・・・橋本龍太郎首相は21日、総裁選立候補受け付け直前に自民党本部で開かれた役員会に出席。官邸に戻り感想を求められても「(役員会で)日程の報告を受けた。淡々と予定通り進めるだけだ」と、去りゆく身からか、素っ気ない返事ばかり。ただ、サラリーマン時代は上司であり、日ごろから師事する宇野収・元関西経済連合会会長が訪れると「思いは千々に乱れる」と本音を漏らし、宇野氏から「妄想をなくして冷静に」とやんわりたしなめられる場面も。トップ引退を経験した大先輩だけに学ぶことも多かったようだ。

○・・・民主党の羽田孜幹事長はこの日、都内で開かれた両院議員総会直前に、今回当選組の参院議員らとしばし歓談。ある選挙区から出馬して落選した現職議員の名前を挙げて「どうしていないんだ」と一言。続けて「楽勝だと思っていたんだけどなあ…」。大声で話したため、スピーカーからそのまま流れて会場は苦笑。この現職議員と親しい羽田氏だけに冗談半分と解説する声があった一方、「民主党躍進の中で落としたのは、羽田さんの読みの甘さのせいでは」と厳しい指摘も。《共同通信》

【日中共産党】32年ぶりに首脳会談

共産党の不破哲三委員長は21日、中国の江沢民国家主席(共産党総書記)と北京市の釣魚台迎賓館で約2時間にわたって会談し、両党の関係正常化を評価するとともに「一つの中国」の立場を堅持することで一致した。

両党首脳の会談は1966(昭和41)年、当時の宮本顕治書記長と故毛沢東主席が北京で行って以来で、約32年ぶり。

江主席は新たな日米防衛協力のための指針(ガイドライン)に関して「われわれの最大の関心事は適用範囲に台湾を入れてはいけないということだ」と強い警戒感を表明。歴史認識でも「日本の政治家と交流する時、強調するのは歴史問題にどう対処するかということだ。中国侵略の教訓が日本国内で明確にされておらず、中国人民は特別に警戒している」と指摘した。

不破氏は対中外交で①過去の侵略戦争を厳しく反省②「一つの中国」の立場を堅持③平和共存の原則を貫く④諸課題を平和的に解決⑤アジアと世界平和のために協力―の5原則を提示。江主席はこれに回答する形で新防衛指針、歴史認識問題について見解を明らかにした。

江主席は台湾問題では「中国人民はいつか必ず台湾を統一することを願っている。これは神聖で侵されてはならない」と強調。不破氏は「『一つの中国』論をめぐる逆流の根元は米国側にある。米国は脱法的に台湾関係法をつくり、介入戦略を採っている」と批判した。

不破氏は核兵器廃絶問題に関して「核兵器保有国でイニシアチブを発揮できるのは中国しかない」と期待を表明。江主席は「中国は核保有国の一つだが保有しているものは限られており、先制使用はしないと宣言している」と説明するにとどめた。

双方は9月の江主席来日時の再会を確認。実務者レベルで両党の交流活発化に向けた具体的な計画を検討することになった。《共同通信》



7月21日のできごと