平成3438日目

1998/06/07

【競馬・日本ダービー】スペシャルウィークが快勝

日本ダービー(7日・東京2400メートル芝・18頭・G1)16万8000人を超えるファンがスタンドを埋める中、一番人気のスペシャルウィーク(武豊騎乗)が2分25秒8で快勝し、4歳サラブレッドの日本一の座に就いた。

武騎手は10度目の挑戦で悲願のダービー初制覇。武騎手はまた、この勝利で5大クラシック、春秋の天皇賞、有馬記念の8大競争を制し、保田隆芳元騎手以来、史上2人目の快挙を達成した。《共同通信》

地響きのような歓声が最高潮に達する中、人気、実力ともナンバーワンの騎手が「子供のころからのあこがれ」を現実にした。7日、東京競馬場で開催された日本ダービーで、スペシャルウィークを駆って優勝した武豊騎手(29)は、8大レース完全制覇という史上2人目の大記録も達成。五馬身離してのぶっちぎりのゴール。武豊騎手は馬上でガッツポーズを何度も繰り返した。

史上最速、最年少で通算1400勝達成、GIレースで25勝など華々しい成績を誇っていた武騎手だが、ダービーでは勝利に恵まれなかった。調教師の父邦彦さん(59)は騎手時代に一度ダービーで優勝。「父を超えた」と言われながら、一つだけ残っていたハードルだった。

レース後、武騎手は「この馬の力を信じていた。自信を持って走った。ダービーは子供のころからのあこがれだった。叫びたいくらい本当にうれしい」と満面の笑みを浮かべた。《共同通信》



【全仏テニス】カルロス・モヤ選手が初優勝

テニスの全仏オープン最終日は7日、パリのローランギャロスで行われ、スペイン勢同士の対戦となった男子シングルス決勝は、第12シードのカルロス・モヤが強打を武器に第14シードのアレックス・コレチャを6−3,7−5,6−3で破り四大大会初優勝、賞金385万2000フラン(約9200万円)を獲得した。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】遊説スタート

橋本龍太郎首相は7日、静岡県内2ヶ所で行われた自民党の演説会に出席し「私を信じていただきたい。自民党を信じていただきたい」と支援を訴え、参院選に向けた遊説のスタートを切った。

自民党の改選議席61にどれだけ上積みできるかが政権の命運を決するだけに、首相は複数の候補を擁立する選挙区の帰すうが重要なポイントとみて重点的にてこ入れする方針。今後、週末を利用して広島、栃木などに入る方向で検討している。

この日、浜松市内の演説会に約7000人、静岡市には4000人の聴衆が詰めかけ、会場は満員。内閣支持率が低迷しているわりには幸先のよい出だしとなった。《共同通信》



6月7日のできごと