平成3432日目

1998/06/01

【野茂英雄投手】ドジャース退団へ

米大リーグで日本人選手活躍への道を開いたドジャースの野茂英雄投手(29)がドジャースを退団することが1日、事実上決まった。野茂からの移籍の申し入れを球団が受け入れ、ドジャースは即日、野茂を40人の大リーグ選手枠から外した。

野茂が移籍を希望したのは、ドジャースがマリナーズ剛腕の左腕、ランディ・ジョンソン投手の獲得に乗り出し、合意には達しなかったが、交換要員として挙げられたことなどが要因とみられる。

ドジャースタジアムで開かれた記者会見には野茂と代理人の団野村氏、ドジャースのクレア・ゼネラルマネージャー(GM)が出席した。野茂は「環境を変えたいと思った。自分を必要としてくれる球団があれば、その球団でやるのが一番。ドジャースにはメジャーでプレーする夢をかなえてもらって感謝している」と語った。《共同通信》



【社民党】与党離脱伝える

社民党の土井たか子党首は1日午前、国会内で橋本龍太郎首相(自民党総裁)、さきがけの武村正義代表と会談し、閣外協力解消を正式に伝えた。首相は3党間で今後も政策協議したい意向を表明し土井、武村両氏も了承。3党は同日午後の幹事長、政策担当責任者会議で、政治腐敗防止法を除く政治家の株取引規制など政治改革5項目、国家公務員倫理、水俣問題など10分野で政策協議を続行することで合意した。

与党3党体制は1994年6月の村山富市内閣発足以来、約4年で幕となったが、政策協議は今国会中に結論を得るのは難しい課題が多く、参院選後も続く見通しだ。《共同通信》

【橋本龍太郎首相】社民離脱「影響は最小限」

橋本龍太郎首相は1日、社民党の閣外協力解消で迎えた自社さ体制の終焉を「昨年から論議されており、織り込み済み」(首相周辺)と冷静に受け止めている。国会終盤まで社民党を引き止めたことで、政権への影響を最小限に抑えることができたとの認識だ。

また社さ両党が野党の内閣不信任決議案に同調しない方針のため、3与党体制の解消が当面、政局流動化につながらないと判断している。《共同通信》



6月1日のできごと