1998 平成10年1月29日(木)

平成3309日目

1998/01/29

【橋本龍太郎首相】大蔵省事務次官を更迭

Embed from Getty Images

大蔵省の小村武事務次官は29日正午すぎ、国会内で橋本龍太郎首相に辞表を提出、受理された。金融検査汚職事件をめぐる政府批判の拡大を恐れ、蔵相代理を兼ねる首相が自ら更迭に踏み切った。

政府は後任次官に大蔵省出身の田波耕治内閣内政審議室長を起用。同室長には竹島一彦国税庁長官を充てることを決めた。いずれも30日付で正式決定する。辞意を表明していた武藤敏郎官房長は、内部調査の徹底を首相に指示されたため当面留任する。《福井新聞》

広告




【橋本龍太郎首相】大蔵省汚職で陳謝

衆院予算委員会は29日、2兆円特別減税を実施する赤字国債発行などを盛り込んだ1997年度補正予算案の審議に入った。

蔵相を兼任する橋本龍太郎首相は、大蔵省検査汚職事件について「痛恨の極みと言う以外にない」と遺憾の意を表明。「厳粛に受け止め、おわび申し上げる。徹底究明の努力を約束するとともに、二度と起こらないよう的確に対処することが政府の責務だ」と公の場で初めて陳謝した。《福井新聞》

【広島県庄原市】中国人通り魔が小6男児を刺殺

29日午後5時ごろ、広島県庄原市平和町の県道で、同市立山内小6年のA君(12)と看護婦B子さん(39)が、通りかかった男に突然襲われ、刃物で切りつけられた。A君は首を切られ、病院に運ばれたが約50分後に出血多量で死亡、B子さんは顔を切られ約10日間のけが。

男は近くの住民に追われ逃走。庄原署員が駆けつけたところ、現場から約200メートル離れた納屋に駆け込み、首を刃物で切って自殺を図り、病院に収容されたが約1時間後に出血多量で死亡した。

男は同市内の建設会社で土木技術を研修中の中国人、C容疑者(35)で、同署は通り魔事件として調べている。《福井新聞》

1月29日/のできごと