1997 平成9年1月10日(金)のできごと(何の日)

平成2925日目

平成9年1月10日(金)

1997/01/10

【神田正輝さん・松田聖子さん】離婚会見

“聖輝”(せいき)のカップルが、とうとう破局–。歌手の松田聖子さん(34)と俳優の神田正輝さん(46)が10日、離婚することを明らかにした。突然の発表だったが、何度か離婚がうわさされていただけに、街の反応は「びっくり」と「やっぱり」。奔放な生き方で新しいタイプの女性像をつくった聖子さんらしく、結婚生活の幕引きも話題をさらった。

2人は同日午後、神田さんの所属事務所を通じ、聖子さん直筆のファクスを連名で報道各社に流した。この中で、2人は「相手に対して、期待する事、求めることだけが多くなってしまい、少し優しさを忘れてしまったのかもしれない。娘のためにも穏やかに終わらせたい」と思いをつづった。

その後、2人は別々に会見。聖子さんは都内のスタジオで、報道陣約300人を前に、「私が妻として女として、きちんと家にいてあげられなかった。至らなかった、でも仕事はやめられなかった」と涙を浮かべた。

去年の暮れから風邪をこじらせて正月に夫婦そろって家にいたことから、「じっくり2人で話し合い、どちらからともなくこうなった」という。聖子さんはテキパキと受け答え、時折、笑顔も見せた。

東京・調布にある所属事務所で会見した神田さんは、「仕事の部分と、家庭人としてのバランスが、時間がたつとともに悪くなっていった」と離婚の理由を説明。「仕事と家庭の両立が難しいことは分かっていたし、乗り越えてきたのだが……・12年、よくやったと思います」と振り返った。《読売新聞》




【橋本龍太郎首相】インドネシア・スハルト大統領と会談

東南アジア諸国連合(ASEAN)歴訪中の橋本龍太郎首相は10日午前、ジャカルタのムルデカ宮殿でスハルト・インドネシア大統領と約1時間半会談した。

首相はミャンマーのASEAN加盟問題に関連し「圧政の隠れ蓑にならずに、状況改善に資する形でASEANへの加盟問題が扱われることを期待する」と述べ、民主化運動抑圧に懸念を示し、加盟に向けて民主化を促した。大統領は対話を推進して環境整備を図る考えを強調した。《共同通信》

【プロ野球・オリックス】長谷川滋利投手のエンゼルス移籍を発表

オリックスは10日、神戸市須磨区のグリーンスタジアム神戸の会議室で、長谷川滋利投手(28)の米大リーグのアナハイム・エンゼルスへの金銭トレード成立を発表した。契約期間は1年。契約金と譲渡金は合わせて200万ドル(約2億3200万円)とみられるが、この日の席上、オリックスは金銭面については詳細を明らかにしなかった。《共同通信》

【ペルー政府】ゲリラの要求に応じず

発生から25日目を迎えたリマの日本大使公邸人質事件で、ペルー政府は10日、極左ゲリラ、トゥパク・アマル革命運動(MRTA)との今後の交渉について(1)服役囚は1人も釈放しない(2)刑務所の待遇改善要求にも応じないーことを「最終的な条件」とする厳しい方針を日本政府に非公式に伝えた。

これに先立ちペルーのパンドルフィ首相は9日、公邸に立てこもっているゲリラ・メンバーの第三国への亡命を検討中であることを初めて公式に明らかにした。《共同通信》

【ナホトカ号重油流出事故】重油が若狭湾の原発に接近

ロシア船籍タンカー「ナホトカ」の重油流出事故で、第八管区海上保安本部(京都府舞鶴市)は10日、若狭湾に侵入していた重油の帯が海岸に接近していることを確認した。

漁業への多大な被害が懸念されるほか、海岸沿いには原子力発電所が集中しているため、巡視船や漁船による海上からの除去作業が行われた。《福井新聞》

1月10日のできごと

シェアする

フォローする