1996 平成8年11月28日(木)

平成2882日目

1996/11/28

【落合博満内野手】巨人を退団「(長嶋)監督が悩むのを見たくない」

落合博満内野手(42)の巨人退団が28日、決まった。巨人はフリーエージェント(FA)の清原和博内野手を獲得したため、一塁のポジションが競合する落合内野手の放出を決断。親会社、読売新聞社の渡辺恒雄社長が28日、東京・大手町の本社で落合内野手と会談し、移籍を前提に自由契約選手の手続きを取ることを了承した。

落合は他球団でのプレーを強く希望。同日夜、ヤクルトの野村克也監督が球団納会の席で獲得の意向を表明したほか、横浜、阪神などの動きが注目されるが、3億7000万円(推定)の球界最高年俸が移籍へのネックになりそうだ。

東京都内のホテルで長嶋茂雄監督らとともに記者会見した落合は「清原と勝負して負けることはないと思っているが、長嶋監督の悩む顔を見たくない。3年間で2度優勝して監督の笑顔も見れたし、巨人での仕事は終わった」と、自らの意思で退団の道を選んだことを強調した。

長嶋監督は「栄光の推進役を担ってくれて、ご苦労様でした」と話し、球団は功労金2000万円を同選手に贈ることを決めた。《共同通信》




【井上幸彦警視総監】国松長官狙撃事件を受け辞任表明

オウム真理教信者だった警視庁巡査長(31)が国松孝次警察庁長官銃撃事件の犯行を供述した一連の問題の責任を取って、警視庁の井上幸彦警視総監(59)は28日午前、橋本龍太郎首相、国家公安委員会に辞任を申し入れ、12月3日付けで辞任、後任には前田健治警察庁官房長が就任することが決まった。《共同通信》

【行政改革会議】本格始動

橋本龍太郎首相の直属機関「行政改革会議」は28日午前、首相官邸で初会合を開き、第二次内閣の重点課題である中央省庁の再編など「霞が関改革」に向け、本格的な議論を開始した。1年以内に具体案を取りまとめ、1998年の通常国会に法案を提出、2001年1月からの新体制移行を目指す。

冒頭、会長を務める橋本首相は「行革は焦眉の急だ」と強調、複雑な行政の課題に「縦割り行政の弊害を乗り越え、国民本位で的確かつ効率的に対応できる組織体制をつくり上げなければならない」と強い決意を表明した。《共同通信》

11月28日/のできごと