平成2085日目・秋分の日

平成6年9月23日(金)

1994/09/23

【ザイール】陸自先遣隊が到着

ルワンダ難民の人道援助を行う陸上自衛隊の先遣隊(隊長・那須誠一佐)20人が23日午前9時(日本時間同午後4時)すぎ、ザイールのゴマ国際空港に到着した。カンボジア、モザンビークでの国連平和維持活動(PKO)とは異なり、自衛隊初の単独派遣の救援活動がいよいよ本格化する。

陸自先遣隊はフランス軍やザイール軍が出迎える中、民間機で相次ぎゴマ入り。空港内のフランス軍駐屯地にキャンプを設営した。24日以降進める市内の情報収集では隊員に短銃を携帯させ、不測の事態に備える。

先遣隊は10月2日以降、3回に分けて到着する本隊の受け入れのため、ゴマ周辺の治安情報収集や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)などとの調整をすることにしている。

ゴマ入りの感想を外国人記者から求められた那須隊長は「時代は変わった。こんなに遠く離れたアフリカで活動できるなんて」と話した。

一方、ケニアのナイロビとゴマ間の資機材輸送に当たる航空自衛隊のC130輸送機三機は23、24の両日、愛知県小牧市の小牧基地を出発し、10月初めから本格業務を始める。《共同通信》



【大相撲秋場所】13日目

大相撲秋場所13日目(23日・両国国技館)大関貴ノ花が右四つ、十分の体勢から尾関武蔵丸を寄り切り、土つかずに13連勝で2場所ぶり6度目の優勝に大きく前進した。武蔵丸は4敗目を数え、場所後の大関昇進は絶望となった。大関若ノ花は琴の若を寄り切り、大関貴ノ浪も新小結浜ノ島を破ってともに1敗を堅持。浜ノ島は負け越しが決まった。関脇武双山は魁皇に寄り切られて2敗となり、優勝争いから後退した。全勝の貴ノ花が14日目琴の若戦に勝ち、若ノ花、貴ノ浪が敗れると貴ノ花の優勝が決まる。十両は浪乃花ら5人が8勝5敗で並んだ。《共同通信》

【新党準備会】小沢一郎氏の委員長就任が内定

新・新党結成を目指す共産党を除く野党の新党協議会は23日午後から夜にかけて民社党本部で世話人会を開き、28日に発足する衆院統一会派「改革」の下部機構として組織を一元化することを決めた。

新党の幹事長職と目される準備会の実行委員長には小沢一郎新生党代表幹事の就任が内定。新会派の代表には小沢辰男元厚相、国対委員長に当たる国会運営委員長には中野寛成民社党書記長が有力だ。《共同通信》



9月23日のできごと