平成1957日目

平成6年5月18日(水)

1994/05/18

【巨人・槙原寛己投手】完全試合達成

広島0−6巨人◇18日◇福岡ドーム

巨人通算7000試合目のメモリアルゲームで完全試合達成ー。18日、福西市の福岡ドームで行われた広島7回戦で、巨人の模原寛己投手(30)が完全試合を達成した。

完全試合は昭和53年8月31日の対ロッテで今井雄太郎投手(阪急=現オリックス)が達成して以来16年ぶりで、プロ野球15人目。セ・リーグでは26年ぶり。巨人では、昭和25年6月28日に対西日本パイレーツでプロ野球第1号を記録した藤本英雄投手以来、実に44年ぶり2人目となる。昨年オフにはフリーエージェント宣言したものの、巨人に残留した。

プロ入り13年目の槙原は、立ち上がりから速球、変化球がさえ全く危なげない投球。102球で打者27人を料理した。巨人は二回までに5−0とリードし、槙原をもり立てた。

八回から、ストライク1球を取るごとに大歓声が起こる。観衆の後押しを受け、槙原は最後の打者の御船を渾身の力を込めた144キロの速球で一邪飛に仕留めた。その瞬間、一度かがみ、そして大きくジャンプ。周りにはまるで優勝したかのようにナインがかけつけ、その輪がどんどん大きくなっていった。

「夢の中みたいですー」。お立ち台で槙原がその心境を口にする。「投手をやった人はだれでもあこがれるもの。ピッチャーをやっていてよかった」。意外にも冷静な顔付きで喜びの言葉を並べていた。

昨年のシーズンオフ。槙原はフリーエジェント(FA)宣言し、一度は巨人を離れる覚悟を決めた。しかし、長嶋監督の情熱に打たれた形でチームに残留した。チームは今季初の3連敗中。この試合を自ら「危機」と位置付けてマウンドに上がり、大ヒーローとなって帰って来た。

「優勝してチームのみんなで喜びたい。それが巨人に対する恩返しになる」という決意を常に持っている。速球が走り、ボールも低めに集まった。「今日は真っすぐが走り、自信を持って投げられた。やっぱり原点は真っすぐですから」。

福岡ドームでは昨年の日米親善試合、今年のオープン戦と合わせ14イニングヒットを許しておらず「広い球場は勇気を与えくれる」と相性の良さをも口にした。

「生きていて良かった。ここまで言っちゃいます」。藤本英雄に次ぐ二人目の快挙を成し遂げた男は、巨人の通算7000試合目というメモリアルデーに、これ以上ない輝きを与えた。《共同通信》



【大相撲夏場所】11日目

大相撲夏場所11日目(18日・両国国技館)全勝の横綱曙が平幕貴闘力に敗れ、初黒星を喫した。曙は突き、押しで攻め込みながら、貴闘力の引き落としに足を送れなかった。貴闘力は3個目の金星。

1敗で追っていた2大関のうち、貴ノ浪が既に負け越している小錦の寄りにあっさり土俵を割って2敗。貴ノ花は力強い取り口で新小結の魁皇を寄り切り1敗を守った。大関武蔵丸は剣晃を押し出して9勝目を挙げた。関脇陣は、武双山が8日目から4連敗、琴錦も敗れてともに6勝5敗となった。

全勝がなくなり、1敗で曙と貴ノ花が並び、2敗は貴ノ浪と武蔵丸、十両は小城ノ花が9勝2敗で単独トップに立った。《共同通信》

【愛知県小牧市】無登録GS開業

揮発油販売業法に基づく登録を受けない安売りガンリンスタンドが18日、愛知県小牧市で営業を始めた。通産省の行政指導がガソリンの高値維持の役割を果たしている、と行政に真っ向から異を唱える動きで、規制緩和の流れとも絡んで注目を集めそうだ。

無登録スタンドを開店したのは名古屋市の米穀商、カナレ米穀(加納勝利社長)で、価格は1リットル100円と市況より10円から15円安い。このためスタンドには開店時間の午前9時から給油を求める車が並んだ。

ガソリンスタンドを新たに開店する場合には、揮発油販売業法によって通産大臣の登録を受けると定められており、登録を受けるにはガソリンの購入経路やスタンドの規模などを届け「事前相談済み書」を得るよう通産省が行政指導している。

カナレ米穀は大手元売りの系列ではなく、元売り、商社、卸業者の経路でガソリンを購入するいわゆる「無印スタンド」として開店を決めた。

しかし、16日に登録申請書を提出しようとした際に中部通産局は「供給経路の確認がとれない」として申請書の受理を拒否、「供給経路を確認して安定供給と品質を保証することが消費者保護になる。法律に従ってほしい」としていた。《共同通信》

【中国・上海市】「ウルトラマン」に10万人

上海市内の魯迅公園で18日、円谷プロが後援して中国で初めてのウルトラマンショーが開かれたが、予想の2万人を上回る10万人の観客が殺到して主催者側が途中で危険と判断、ショーを途中で切り上げさせる騒ぎがあった。

円谷プロによると、初日の18日、午前10時から5回のステージを予定していたが、ぎゅう詰めの観客が舞台に押し寄せ11時半になってようやく1回目を開始した。

長時間待たされた観客がショー終了後、舞台の上や後ろになだれ込んで大混乱、警備の警察官も収拾できなくなり、中止を決定した。

10万人は魯迅公園の入場者数としては過去最高記録。この日は午前5時半から開門を待つ客が出るほどの人気で、遠くから来た観客もいた。

人間がウルトラマンの格好をして怪獣と戦うこの種のショーは中国では初めてで、子供だけでなく大人も強い興味を示したという。《共同通信》

【福岡市】中国人138人が密航

18日午後3時50分ごろ、福岡市博多区吉塚5丁目の倉庫に外国人らしい不審者が多数いると、近所の人から福岡県警に通報があった。同県警は午後6時すぎ約100人の捜査員を動員して倉庫内で男女計139人を発見。うち138人は中国人で、1人は日本人と分かった。同県警は入管難民法違反の現行犯で自称-中国福建省出身、A容疑者(24)らを逮捕。容疑が固まり次第、残りも逮捕する。

この倉庫は、輸入業者を名乗る男性が借りていたといい、同県警は事件との関連を調べている。調べによると、倉庫にいたのは全員が成人で、うち女性が15人。報道陣からの問い掛けに「仕事をするため日本に来た。私たちは被害者だ」と中国語で答えている。

捜査員が踏み込んだ際、簡易トイレ二つが設置されていたという。倉庫の所有者によると、今月15日、「輸入関係(の職業)」と話す福岡市の男性が「空いている倉庫はないか」と訪ねて来たといい、その日のうちに契約した。博多署は同日朝、同市博多区で同法違反の現行犯で逮捕した自称中国福建省出身、B容疑者(20)を調べていたが、B容疑者が「4月末に中国の広州付近を約150人で出港。福岡市東区東浜付近に上陸した」と供述したため、博多港を中心に不審者などの捜索を続けていた。さらに同日午後、ひったくりをしたとして中国人らしい男を逮捕、関連を調べている。《共同通信》

【皇后陛下】スピーチ

全国赤十字大会は18日、東京都渋谷区の明治神宮会館で開かれ、昨年10月に旧赤坂御所で倒れて以来、お言葉の不自由な状態が続いてきた皇后さまが、公の場で初めてお言葉を述べられた。

式典には日本赤十字社名誉総裁の皇后さまをはじめ、4月1日に名誉副総裁に就任した皇太子妃雅子さまら妃殿下方、日赤関係者ら約2000人が出席。懐妊が明らかになった秋篠宮妃紀子さまは欠席した。

皇后さまは医療奉仕活動に功績のあった個人、法人の代表計13人に金色有功章を授与した後、お言葉を朗読。はっきりとした声で「今なお世界の各地には、戦禍や災害に苦しみ、あるいは社会の大きな変革の中にあって、助けを必要としている数多くの人々がおります。皆さんが互いに力を合わせて、一層力強い活動を、国の内外で進められるよう、希望してやみません」と述べられた。

皇后さまは昨年10月に倒れてから言葉が出ない状態が続き、スピーチなど会話が中心になる行事への出席は控えていた。しかし症状は徐々に良くなり、宮内庁は5月12日「発声能力は平常にかなり近いものを取り戻されている」とする主治医の談話を発表した。《共同通信》

【羽田孜首相】「新制度での選挙が望ましい」

羽田孜
https://www.kantei.go.jp/

衆院予算委員会は18日、1994年度暫定予算案を審議した。羽田政権発足後、予算委での論戦は初めて。暫定補正予算案は同日夕、予算委員会と衆院本会議での採決を経て衆院を通過、参院に送付された。

羽田首相は衆院解散・総選挙をめぐって「中選挙区(で行う場合)といえども解散権は縛られないが、新制度で行うことが望ましい」と強調した。首相は「少数与党でもあり、国民から早く信を問えという声があるだろう」と認めた上で「政治改革を完結させないと政治資金などの改正も実らない」と指摘、区割り法案の早期成立を図る方針を示した。《共同通信》



5月18日のできごと