平成1292日目

平成4年7月22日(水)

1992/07/22

【ASEAN外相会議】「南沙」平和解決を明記

マニラで開かれていた第25回東南アジア諸国連合(ASEAN、6か国)外相会議は最終日の22日、緊張状態が続いている南沙諸島問題で紛争の平和的解決などを明記した共同声明と「南シナ海に関するASEAN宣言」を採択、閉幕した。ベトナム、ラオス両国はASEAN基本条約とも言える「東南アジア友好協力条約」に加盟する意思を示した議定書を提出、オブザーバーの地位を認められ、将来の正式加盟に向けて足がかりをつくった。

共同声明は、焦点の南沙諸島問題で「いかなる敵対的な動きも、地域の平和と安全保障に直接影響する」とし、紛争の平和的解決と当事者の自制を要請。

さらに「南シナ海に関するASEAN宣言」の中で、①平和的手段による全面解決②最終的解決に向けた自制③主権、領有権問題を棚上げにしたまま、船舶航行安全や海洋環境保護など協力の可能性の模索―など5項目を明記。同問題の多国間協議を拒否、領海法をタテに領有権の既成事実化を狙う中国をけん制する姿勢を明確に示した。

一方、国際情勢について、冷戦終結やソ連崩壊を「新たな戦略的不確定要因の出現」と位置づけ、地域情勢では、ベトナム、ラオス、カンボジアの再建に積極的に参加する決意を表明。

国連カンボジア暫定統治機構(UNTAC)による和平プロセスが難航しているカンボジア問題では、共同宣言の中で「パリ和平協定の忠実な履行」を全当事者に求め、武装・動員解除に抵抗しているポル・ポト派を暗に批判した。《読売新聞》



【戸塚純貴さん】誕生日


https://www.youtube.com/

【プロ野球・巨人】大久保博元捕手にごほうび

巨人軍の最高経営会議(議長=正力オーナー)は22日、前半戦で大活躍した大久保博元捕手に「最高経営会議賞」として賞金1000万円を贈ることを決めた。24日に東京ドームで伝達式を行う。

大久保は5月にトレードで西武から入団。42試合に出場、打率3割、3本塁打、3打点をマーク、首位浮上への原動力になった。保科代表は「途中入団ということもあり、今回は異例中の異例。球団からのボーナスではない」と話している。

巨人・大久保捕手の話「光栄です。びっくりしています。これからも全力を尽くし、チームに貢献したいと思っています」《読売新聞》

【上野動物園】国内最高齢のチンパンジー「ビル」が老衰死

日本の動物園で飼われているチンパンジーの中の最高齢で、長期飼育記録(41年間)を持つ東京・上野動物園のビル(雄)が22日、老衰のため息を引き取った。人間でいえば90歳以上にあたる48歳(推定)。昭和26年5月に米国から来援して以来、ずっと子供たちの人気者だった。《共同通信》



7月22日のできごと